」に関連する記事一覧

雷(かみなり)とは、電位差が発生した雲または大地などの間に発生する光と音を伴う大規模な放電現象の事で雷電と呼ぶ。

雷を発生させる雲を雷雲と呼び、その時に雲は帯電状態となっている。 雲の中で起こる放電、雲と雲の間の放電をまとめて雲放電と呼び、雲と地面との間の放電を対地放電または落雷と呼ぶ。
雷に際して起こる光は電であり、稲妻であり、英語ではLightning(ライトニング)となる。擬音語は「ピカ」または「ピカッ」。それに対して雷に際して起こる音は雷鳴であり、英語ではThunder(サンダー)となる。擬音語は「ゴロゴロ」または「バリバリ」。
光と音を伴う雷放電現象を雷電と呼ぶ。雷電の英語はThunderbolt(サンダーボルト)。雷と雷電とは同義語であるが、遠方で発生した雷は光は見えるものの、風向きの影響などで音が聞こえない事がある。そのため、日本式天気図においては「過去10分以内に雷電または雷鳴があった状態」を雷としている。気象庁の定義によると「雷」とは「雷電(雷鳴および電光)がある状態。電光のみは含まない。」とされている。
また、雷は主に風と雨を伴う雷雨時に氷の粒子で形成される雷雲によっておこる雷を指す場合が多いが、そればかりではなく、火山の噴火時や砂嵐時に砂の粒子で形成される雷雲によっておこる火山雷なども雷に含む。
語源

「いなずま」(歴史的仮名遣いは「いなづま」。ただし「いなづま」は現代仮名遣いでも許容されている。)の日本語の語源は稲が開花し結実する旧暦(太陰暦)の夏から秋のはじめにかけて雨に伴い雷がよく発生し、その落雷によって大気中の窒素が田畑に固着されるため、落雷した稲穂は雷に感光することで実るという理解が生まれ、雷を稲と関連付けて稲の「つま(=配偶者)」と解し、「稲妻」(いなづま)、あるいは「稲光」(いなびかり)などと呼ぶようになったといわれている。
「かみなり」の日本語の語源は、昔、雷は神が鳴らすものと信じられていたため「神鳴り」と呼ばれた為。さらに古語や方言などでは、いかづち、ごろつき、かんなり、らいさまなどの呼び名もある。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年3月30日 (金) 07:34)