臨海町」に関連する記事一覧

臨海町(りんかいちょう)は、東京都江戸川区の地名。住居表示は臨海町一・二・三・四・五・六丁目がある。

東京都江戸川区南部葛西地域南部に位置する、同区最南端の町で、葛西沖開発事業によって造成された埋立地である。隣接する地域は、北は清新町二丁目・西葛西八丁目および中葛西七丁目、東は南葛西一・三・五丁目、西は荒川を挟んで対岸に江東区新木場がある。南は東京湾で、隣接地域はない。
京葉線を境に北部と南部、葛西中央通りを境に東側と西側に分けて説明すると、北部の東側には東京都中央卸売市場葛西市場やトラックターミナル、東京団地倉庫などが集まっている。江戸川区は運輸業が盛んな地域(事業所数で23区中2位)である。特に当町は東京都道318号環状七号線と東京湾岸道路が交差し、葛西ジャンクションにより首都高速道路湾岸線と中央環状線が結ばれており、葛西出入口があるなど交通の要所となっているため物流に適しているのである。
北部の西側は、左近川沿いに団地や東京都立紅葉川高等学校や東京臨海病院などが立ち並び、荒川沿いには葛西水再生センターがある。北部の中央にはロッテ葛西ゴルフがある。この場所はロッテワールド東京の建設予定地だったが、現在は計画凍結されている。南部は葛西臨海公園が大半を占め、一般住宅はない。葛西臨海公園と葛西水再生センターに挟まれた一角には、江戸川区臨海球技場がある。ここを拠点とする江戸川南リトル&リトルシニアは強豪チームとして知られており、2010年にはリトルリーグ・ワールドシリーズで優勝し世界一となった。
臨海町は海抜ゼロメートル地帯に隣接するが、盛り土によって水面上に作られているため、海没の心配は無い。特に葛西臨海公園内に造られた山は高潮防潮堤としての機能も持っている。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年2月5日 (日) 01:32)