羽田空港」に関連する記事一覧

東京国際空港(とうきょうこくさいくうこう、英称:Tokyo International Airport)とは、東京都大田区羽田空港にある空港法4条で法定されている空港である。
通称は羽田空港(はねだくうこう、英称:Haneda Airport)であり、正式名称である「東京国際空港」よりもこの通称の方が広く定着しており、飛行機の搭乗案内では単に「羽田行」などと表示されることがある。また、当空港敷地一帯の町名にもなっている。この「羽田」は当空港周辺の旧町名に由来する。東京のもう一つの玄関口である千葉県にある成田国際空港との区別を明確にするために「東京(羽田)」と表記されることもある。また、搭乗券の行先欄には「東京」と表記される。
2010年10月21日に国際線ターミナルが開業し、10月31日からは、これまで国際線定期チャーター便として運航されている便は定期便に格上げされた。

1931年(昭和6年)8月25日に「羽田飛行場」として開港以来、日本最大かつ東京、首都圏を代表する空港である。
2010年1月現在、国内線主体でありながら利用者数は世界でも有数の規模を有する。全日本空輸と日本航空、スカイマークなどの国内線ハブ空港である。ただし、純粋な国内線専用空港だったことは一度もない。
年間の航空機発着回数は約33万6000回、航空旅客数は約6193万人(一日あたり約17.0万人)でそれぞれ国内最大(2位はいずれも成田国際空港)。航空貨物取扱量は約73.3万トンで国内第2位(一日あたり約2008トン。1位は成田国際空港)。
滑走路は以下の4本。A滑走路とC滑走路は平行滑走路のオープンパラレル配置で、同時離着陸が可能である。南風の好天時にはB滑走路とD滑走路でLDA (Localizer-Type Directional Aid) を使用した同時進入が行われる。
・A滑走路 (16R/34L): 3000 m×60 m、北風時着陸用および南風時離陸用、34L側にILS設置
・B滑走路 (04/22): 2500 m×60 m、南風時着陸用、22側にILS設置
・C滑走路 (16L/34R): 3000 m×60 m、北風時離着陸用および南風時離陸用、34R側にILS設置
・D滑走路 (05/23): 2500 m×60 m、北風時離陸用および南風時着陸用、23側にILS設置(ローカライザーオフセット2.0度)
B滑走路については従来は横風離陸用滑走路としての位置づけであったが、2010年10月のD滑走路供用開始にともない南風時において着陸用としてD滑走路とともに使用されている。B滑走路とD滑走路は10度違いで平行に近いと言ってよい。
皇族や内閣総理大臣などが政府専用機を使用する場合や、国賓や公賓が専用機や特別機で訪日する際はほとんどの場合、羽田空港を使用する。これは羽田空港の方が成田空港より都心に近く、沿道の警備が容易なためである。このため、専用施設としてVIP機専用スポット (V1・V2) や旅客ターミナルビルとは別棟の中に設けられた貴賓室がある。
日本では数少ない24時間運用が可能な空港の1つである。深夜から未明の時間帯にかけては国際線や貨物便が発着するのみとなっている。国内線の各旅客ターミナルビルの開館時間は、定期便の運航時間帯に合わせ、第1旅客ターミナル・第2旅客ターミナルとも5:00-24:00ごろとなっている。国際線ターミナルビルの開館時間は24時間である。
空港の設置及び空港機能の管理・運用は国土交通省東京航空局東京空港事務所が行い、各ターミナルビルの管理・運用は日本空港ビルデング株式会社が行っている。なお、2010年10月に開業した国際線ターミナルビルについては東京国際空港ターミナル(TIAT=ティアット=)株式会社によって建設され、空港としては初のPFI事業として、国との間で締結した事業契約のもとTIATが運営する。
東京空港事務所においては、羽田空港に関する飛行場管制業務のほか、羽田空港、成田空港、下総飛行場、木更津飛行場、館山飛行場に関する進入・ターミナルレーダー管制業務を実施している。
また、伊豆諸島の各小規模空港(リモート空港)に関する情報提供等を実施している。なお、コールサインについて、新島空港、神津島空港は「伊豆リモート」、三宅島は「三宅リモート」を使用する。
羽田空港は東京23区内にあり利便性が高い反面、騒音問題・増便規制・小型機の乗り入れ禁止などのいわゆる羽田空港発着枠問題といった緊急に解決が必要な問題が存在する(航空法上の混雑空港にあたる)。これらの問題を解決するため現在沖合展開事業や再拡張事業、横田空域の調整が行われている。空港騒音に関しては羽田空港一帯(羽田空港一丁目-羽田空港三丁目、これらに接する地先及び水面)のみ騒音規制法(昭和43年法律第98号)第3条第1項の規定に基づき、大田区長が指定する地域から除外されている。
羽田空港の敷地面積は、大田区全体の面積の中のおよそ3分の1の面積を有する。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年2月8日 (水) 16:28)