神社」に関連する記事一覧

神社(じんじゃ・かむやしろ)とは、神道の信仰に基づき作られた、恒設の祭祀施設。一方で神社によっては式年遷宮の習わしがあり(代表例は伊勢神宮)、必ずしも同じ社が恒設される物ではない。
古くは社殿がなくとも「神社」とした。山、滝、岩、森、巨木など多く自然を畏れ「カミ」(=信仰対象、神)とみなしたのである。すなわち現在の社殿を伴う「神社」は、これら神々が祭祀時に御神体から移し祀られた祭殿があって、これが常設化した物だと考えられている。教会や寺院といった礼拝堂や説法・布教する場とは趣が異なるのが特色である。
現在では参拝用の施設の他に、結婚式の設備(斯様な近代的建築としては明治神宮外苑が顯著)などが造られることも多い。戦前にはいわゆる「国家神道」のことを単に「神社」と称した。

神社の起源は、磐座(いわくら)や神の住む場所である禁足地(俗に神体山)などで行われた祭事の際に臨時に建てた神籬(ひもろぎ)などの祭壇であり、元々は常設のものではなかった。元来は沖縄の御嶽(ウタキ)のようなものだったと考えられる。
古代から続く神社では現在も本殿を持たない神社があり、磐座や禁足地の山や島などの手前に拝殿を建てるのみの神社(参考:大神神社、石上神宮、宗像大社)、全く社殿が無い神社(那智大社の飛瀧神社など)がある。神社には常に神がいるとされるようになったのは、社殿が建てられるようになってからと言われる。また常設されるようになった過程に仏教寺院の影響もあるとされる。
従って古社は何らかの縁起から御神体に近い場所に社殿を構える、越木岩神社は磐座の近くと云った具合に、事が必然的に多くなる。一方で新しく神社を必要とした場合、村が発生した時、適当な場所に分霊や氏神を祀ることで造営した。由来は簡単に一括りとできないが、縁起から選ぶ(一族発祥の地、菅家遠流の地太宰府など)、清浄な場所を選ぶ(穢れを嫌うことから。明治神宮の造営候補地など)、参拝のしやすさ(二荒山神社は山頂にあったので別に社殿を造営した)で選ぶなど、種々の便宜が図られたと想像される(古い信仰における神への畏れよりも、人々が信仰対象を必要としたからである)。場所により社殿を海上・山頂、現代ではビルの屋上などに祀ることもある。

Wikipediaから引用(最終更新 2011年12月30日 (金) 09:08)