洋食」に関連する記事一覧

洋食(ようしょく)とは、日本の料理の一カテゴリーである。広義では本格的な西洋料理から西洋風の料理全般を指し、狭義では日本で独自に発展した西洋風の料理を指す。
洋食は、幕末から明治期にかけて来日した西洋人たちを相手に生まれた、西洋料理店の料理がルーツである。それらの店で下働きしていた日本人コックたちは、のちに独立開業し、日本全土にその料理を広めた。また、この流れとは別に、陸海軍はフランス陸軍とイギリス海軍を手本にして早くから西洋式の食事を給食に取り入れ、洋食の普及に大きな役割を果たした。これらの西洋料理は、日本の伝統的な「和食」に対して、次第に「洋食」と呼ばれるようになった。
それまで日本人は肉食を忌避する習慣があったため、肉料理を主体とする西洋料理は日本人には馴染みにくかった。しかし、1872年(明治5年)、明治天皇が「これまで肉食を忌避してきたのは謂われのないことである」という趣旨のことを言ったという報道などもあり、庶民のあいだでも徐々に牛鍋などの形で肉食が広まった。
明治時代の日本において、西洋料理の食材を完全に揃えることは困難で、しばしば代用品が使われた。また日本人の味覚に合わせようとしてアレンジも加えられた。そうして生まれた洋食として、カレーライス、エビフライ、コロッケ、ステーキ、オムライスなどが挙げられる。「豚カツ」のように、ほとんど和食と化した料理もある。また北海道のエスカロップのように、ご当地料理として町おこしに使用される料理も多い。
マカロニグラタン、クリームコロッケ、コンソメスープ、ポタージュ(フランス料理)、ビーフシチュー(イギリス料理)、ピカタ(イタリア料理)などは、西洋の調理法をほぼそのまま踏襲している洋食である。これらは第二次世界大戦後、「アメリカの小麦戦略」により、急速に日本人の食生活に広まり、ポピュラーな洋食となったものである。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年2月26日 (日) 02:00)