幕府」に関連する記事一覧

幕府(ばくふ)は、武家政治の政庁や武家政権そのものを指す(平氏政権・織豊政権などの例外はある)。通常、政庁は最高司令官である征夷大将軍の居館・居城に置かれていた。中世及び近世における日本の軍事政権。

「幕」は「帳幕」・「天幕」を意味し、「府」は王室等の財宝や文書を収める場所、転じて役所を意味する。中国の戦国時代、王に代わって指揮を取る出先の将軍が張った陣地を「幕府」と呼んだことに由来する。
それが日本に来て、近衛大将の唐名となり、幕下あるいは「柳営」ともいった。その後右近衛大将源頼朝が征夷大将軍に任ぜられたことから、転じて征夷大将軍の別称ともなった。そして征夷大将軍の遠征時の本陣(本営)を指した。戦時の司令部であった場所を平定後も政策発信地とし、実質的に武家政権の政庁となっていった。征夷大将軍を中国風に覇者とみなし、覇者の政庁の所在地として「覇府」とも呼ばれる。
「幕府」の名称がすなわち中央政庁を表すようになったのは、藩と同じく江戸時代中期以降で、朱子学の普及に伴い、中国の戦国時代を研究する儒学者によって唱えられた。よって、「鎌倉幕府」や「室町幕府」という言葉はこの時代以降に考案されたもので、当時の人々は鎌倉や室町の中央政庁を「幕府」と呼んだことはなく、それぞれの初代将軍が「幕府を開く」という宣言を出したこともない。ただし、将軍の居所を「幕府」とは呼んではいる。つまり、所在地としての意味合いであった。

Wikipediaから引用(最終更新 2011年6月25日 (土) 15:18)