」に関連する記事一覧

川(かわ)は、絶えず水が流れる細長い地形である。雨として落ちたり地下から湧いたりして地表に存在する水は、重力によってより低い場所へとたどって下っていく。それがつながって細い線状になったものが川である。河川(かせん)ともいう。時期により水の流れない場合もあるが、川と呼ばれる。

水の循環と河川

地球上の水の97%は海水で、陸にある水は3%である。陸水の大部分は、北極・南極に集中する雪や氷と、地下水の形で存在するので、河川水は地球上の水の0.0001%にしかあたらない。絶えず流れ下りながら尽きることがない川の水は、地球規模の水循環の一部である。
川に流入する水の源は、究極的には雨や雪などの降水である。降水が地表で直接河川に流れ込む以外に、地下水から川に入る水もある。雪や雨は一時的な現象なので、川の持続的な水源は、地下水が湧いたり流れ込んだりする所が多い。地下水は地表に出るとは限らず、直接川底に出るものもある。他に、湖沼から流入したり、寒冷気候では万年雪や氷河に由来する水も入る。人間が利用した後の処理済み・未処理の排水も川に入る。
川からの流出でもっとも見えやすいのは、海や湖沼に流れ込む部分である。他に、表面から蒸発して大気中の水蒸気になったり、川底から染み込んで地下水になったりする。特に乾燥地帯では蒸発・浸透が大きく、途中で涸れてしまう川(ワジ)もある。川によっては人間に利用される部分も大きい。
流入量と流出量を推計して全体の流れをみたものを水収支という。川においては川そのものの水収支のほかに、流域の水収支に関心が寄せられる。水収支は一年以上の長期をとればほぼ釣り合うが、短い期間の量の増減と収支のバランスは、日々の天気やそれを通じた季節変動に大きく左右される。
河川と地形

河道は恒久的な構造ではなく、自然の状態では水の各作用、土壌の浸食・削りだした土砂の運搬・流れが緩やかな部分への土砂の堆積によって数年から数十年(100年以上も)単位で位置を変える場合がある。特に老年期に達した準平原では浸食作用が著しい。河道は通常1本ではなく樹状構造を取り、本流と支流からなる。また、多数の支流を併せ持つ川は、時として複数の河口を持つ。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年4月25日 (水) 15:53)