地方」に関連する記事一覧

地方(ちほう)は、特定の土地を指す言葉である。使用法は複数ある。

地方区分

大きい土地を幾つかに分けた時の「区域」「区分」を意味する使用法である。
注目する大きな土地を幾つかに分けた時、分けられたそれぞれを「地方」という。この場合、区分された「地方」には、行政権が付与されていないことが通例。都道府県内の支庁や広域行政圏なども該当。
・例:日本国の関東地方、山形県の庄内地方、タイ王国の東北地方など。
・一般的に国内の他の行政区分に比して人口密度が極端に小さい場合に「地方」に行政権を付与する。例:日本の北海道地方、ロシア連邦における「クライ(край)」(沿海地方など)。各国の準州。

一定の地区とその周囲

小さい土地(観光地など)・一定の地区(都市など)に着目し、それと関連する周囲の地域を含めた時、全体で「地方」や「エリア」という。注目している土地が都市機能を集積している場合、「都市圏」「経済圏」という語を使う場合もある。
・例:仙台地方、水戸地方(水戸周辺)、日光エリア(旧日光市周辺)、吉備エリア(岡山県周辺=岡山県と広島県東部の備後地区)、倉敷地方、知床エリア
・例(都市圏):東京圏(首都圏)、仙台都市圏(仙台経済圏)

首都・首都圏以外の都市

「首都」もしくは「首都圏」に対する「首都以外」「首都圏以外」
前3者の定義では、東京という都市は「地方」であり、東京も「本社」に対する「地方」となりうるが、一般的にこの定義では東京は現在「地方」ではない。

地方圏

「三大都市圏」に対する「三大都市圏に含まれない道県」の意味での用法である。
日本では、三大都市圏に属する都府県以外の道県は「地方圏」と呼ばれる。このとき、三大都市圏は「都市圏」、地方圏は「地方」と省略する場合がある。「地方圏」は三大都市圏との統計的な比較などに用いられるもので、上述の定義のような一体的な地域ではない。
三大都市圏に対し、地方圏における「都市圏」を取り立てて言う場合は、「地方○○都市圏」との言葉が使われている。

・相対的評価として、「都会」に対する「田舎」を意味する用法。
・「ヒト・モノ・カネ・情報の集積度が高く、便利な生活が出来る都市」に対し、そうではない地域を「地方」とする見方。主観的な評価であるため、この定義で地方かそうでないかの判断は人により異なる。

Wikipediaから引用(最終更新 2011年7月26日 (火) 06:47)