国立科学博物館」に関連する記事一覧

国立科学博物館(こくりつかがくはくぶつかん、英称:National Museum of Nature and Science、略称:かはく、科博)は、独立行政法人国立科学博物館が運営する博物館施設。

国立科学博物館は「自然史に関する科学その他の自然科学及びその応用に関する調査及び研究並びにこれらに関する資料の収集、保管(育成を含む)及び公衆への供覧等を行うことにより、自然科学及び社会教育の振興を図る」ことを目的とした博物館である(独立行政法人国立科学博物館法第3条)。当館は博物館法における博物館ではなく、博物館相当施設である。これは博物館法が国の施設を範疇としていないためである。全国の博物館の指導的な立場としての事業を数多く行っている。独立行政法人化によって国から切り離されたが、現在も名称に「国立」を冠している。これは海外との関わりにおいて国の機関であることを示す必要があるために認められた特例である。
主な施設は、東京都の3か所と茨城県つくば市の計4か所に分散している。展示施設は、東京都台東区の上野恩賜公園内に所在する上野本館、東京都港区に所在する附属自然教育園、茨城県つくば市に所在する筑波実験植物園(通称、つくば植物園)、昭和記念筑波研究資料館(筑波実験植物園の敷地内、一般には非公開)がある。研究部門は、新宿区百人町(新宿分館)とつくば市(筑波実験植物園の敷地内)に分散して所在している。新宿分館はつくば市にある筑波実験植物園の敷地内に移転予定である。
なお上野本館というときは、日本館と呼ばれている建物を指すときと、上野地区のことを指すときがあるので注意が必要である。
世間では、国立科学博物館は上野公園内にある展示施設として知られている。一般的には国立科学博物館といえば上野本館の施設と同義である。エントランス側に面している日本館と呼ばれている建物は当館のシンボルとして強く人々の間で印象づけられている。 本館は、上野公園内にあるため、遠方からの動物園見学のついでに立ち寄るものも多い。近年の独立行政法人化によって、国としての役割を担うように強く求められている。
行政改革の流れで国立博物館との合併が取りざたされたが、現時点では合併されることなくそれぞれ別法人として運営されている。なお当館同様、日本科学未来館は国が関与する科学系の博物館ではあるが、互いに全く関係がない法人である。
現在の館長は、近藤信司(2009年8月1日就任、前職国立教育政策研究所長)。

Wikipediaから引用(最終更新 2011年10月12日 (水) 23:19)