半蔵門線」に関連する記事一覧

半蔵門線(はんぞうもんせん)は、東京都渋谷区の渋谷駅から墨田区の押上駅までを結ぶ、東京地下鉄(東京メトロ)の鉄道路線。鉄道要覧における名称は11号線半蔵門線である。
路線名の由来は徳川家康の家臣・服部半蔵正成の屋敷の側にあったことから名が付いた江戸城の門の一つ、「半蔵門」から。車体および路線図や乗り換え案内で使用されるラインカラーは「パープル」(紫)、路線記号はZ。

1968年(昭和43年)の都市交通審議会答申第10号において、東京11号線は「二子玉川方面より三軒茶屋、渋谷、神宮前、永田町、九段下、神保町および大手町の各方面を経て蛎殻町方面に至る路線」として初めて示された。1972年(昭和47年)の同答申第15号では終点が深川扇橋へと延長され、その後1985年(昭和60年)の運輸政策審議会答申第7号において、錦糸町、押上経由で松戸へとさらに延長された。このうち渋谷 – 押上間が半蔵門線として順次開業している。
千代田線、有楽町線に次ぐ「バイパス3路線」の一つで、銀座線の混雑緩和を狙いとしていたが、沿線の地権者による反対運動が発生したこと、さらにバブル崩壊とそれに伴う営団の減収などが原因で押上までの開通が当初予定より大きく遅れることとなった。半蔵門 – 九段下間では地下鉄建設に当たっての説明不足や環境悪化を理由に一坪共有運動が起こった。このため、営団(当時)は土地収用法を基に強制収用の申請をしたが、一連の土地買収に10年ほどの期間を要した。
半蔵門線は東京メトロの路線の中で全駅間の所要時間が最も短く(距離は銀座線の方が2.5km短い)、また現在東京メトロの路線の中で最も駅数が少ない。 ちなみに、直通運転先(東急田園都市線中央林間 – 東武日光線南栗橋間)を含めた運行距離は98.5kmにも及び、これは東京メトロの路線の中で最長である。
半蔵門線は東京メトロの路線としては南北線とともに全線・全駅が地下に位置する路線となっている(その他の路線は地上区間・地上駅がある)。
2010年(平成22年)現在未開業の押上 – 四ツ木 – 松戸の区間については、2000年(平成12年)の運輸政策審議会答申第18号で「2015年(平成27年)までに整備着手することが適当である路線」として位置付けられている。 1998年(平成10年)からは柏、我孫子、松戸の各市をはじめ茨城県の龍ケ崎、牛久、つくばなどの自治体で「地下鉄11号線延伸市町協議会」も結成され、松戸から柏市南部・我孫子市布佐方面さらに茨城県までの延伸も国などへ要請している。
東京地下鉄内での路線記号で唯一、路線名の最初の頭文字のアルファベット記号が使われていない。これは日比谷線が「日」のアルファベットの頭文字がHの記号で、半蔵門線の「半」のHと同じになってしまい、それから順に「半」の文字が、A(浅草線)・N(南北線)と記号が続いて重なってしまうため、半蔵門線は「蔵」のZが振られた。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年1月31日 (火) 17:42)