千駄木」に関連する記事一覧

千駄木(せんだぎ)は、東京都文京区の町名[1]。千駄木1丁目から千駄木5丁目まである。
古くは駒込村の一部で、名前の由来は、雑木林で薪などを伐採、その数が千駄にも及んだからという説や、太田道灌が栴檀(せんだん)の木を植えた地であり、この栴檀木が転訛したとの説がある。江戸時代の古地図の下駒込村内に「上野東漸院持ち駒込千駄木御林」・「上野寒松院持ち駒込千駄木御林」の記載がある。かつて坂上に徳川家康に仕えた、大給豊後守の屋敷があったことから、大給坂と名付けられお屋敷街となる。1745年に町奉行支配となった町名に駒込千駄木町・駒込千駄木坂下町・駒込千駄木下町の名がある。
1965年4月1日、住居表示実施。駒込林町・駒込坂下町の大部分に駒込千駄木・駒込動坂町の各一部をあわせた町域を1-5丁目に分けて現行の「千駄木」となった。

Wikipediaから引用(最終更新 2011年9月8日 (木) 09:02)