公園」に関連する記事一覧

公園(こうえん)とは、公衆が憩いまたは遊びを楽しむために公開された場所(区域)。従って公共性の高い団体・組織によって供され運営されることが多い。対象となる場所は目的に適ったように整備されるが、元々の自然状態を保つことが優先される場合もある。
歴史的に庭園や遊園地と重なるあるいは包含する概念である。
公園には、次のようなものがある。
・市街地の一区画に草木を植え、噴水を設置する等して憩いの場としたもの。
・市街地の一角に子どもの遊具を設置し(置かれるものはジャングルジム、すべり台、ブランコと一定している)、遊び場として整備したもの(遊び場、街区公園、児童遊園など)。
・都市または地域の中枢に位置し、都市または地域住民全員の利用を対象として整備された緑地、広場。城跡などの史跡を活用したり、運動公園を配している場合もある(都市公園など)。
・動物、植物などを自然に近い状態で人に見せるためのもの(動物公園、植物公園、森林公園など)。
・自然の景観や動植物、地形などを保護するために指定された地域(国立公園、国定公園など)。

専門用語としての公園
都市計画学や造園学などの分野で専門用語として使われる「公園」は英語Public park(パブリックスペース)の訳語で、緑地の一形態である。 公園は公衆の利用を前提とする土地であるが、用地を確保し、施設整備を行う営造物公園と、地域を指定して規制により質的な維持を行う地域制公園に大別される。児童遊園、また都市公園法での街区公園、動物公園、都市公園、森林公園などは営造物公園に、国立公園、国定公園は地域制公園に属する。
欧米における近代公園の概念
「公園」の概念はイギリス市民社会の成立と同時進行で形成された。良好な環境を享受する権利や散歩などの運動を行う権利が市民のもつ当然の権利(市民権)として主張され、森林法と森番(Gamekeeper)が市民を遠ざけていた王の私的な狩猟園地(Park)を公衆の利用に開放したものが公園(Public park)の始まりである。
米国においては王がいなかったのでParkはPublic parkの意味である、逆に狩猟園地をGame Parkと呼ぶ。
日本における近現代公園史
日本では、1873年(明治6年)1月15日の「明治6年太政官布告第16号」において、『三府ヲ始、人民輻輳ノ地ニシテ、古来ノ勝区名人ノ旧跡地等是迄群集遊観ノ場所 {東京ニ於テハ金龍山浅草寺、東叡山寛永寺境内ノ類、京都ニ於テハ八坂社、清水ノ境内、嵐山ノ類、総テ社寺境内除地或ハ公有地ノ類} 従前高外除地ニ属セル分ハ永ク万人偕楽ノ地トシ、公園ト可被相定ニ付、府県ニ於テ右地所ヲ択ヒ、其景況巨細取調、図面相添ヘ大蔵省ヘ伺出ヘシ』と定め、旧社寺地等を接収し公園としたのが営造物公園の始まりである。
これより以前に、江戸時代には仙台に桜の馬場(1695年(元禄8年) 現在の榴岡公園)が存在し、明治に入ってからは神戸の外国人居留遊園(1868年(明治元年))と北海道開拓史偕楽園(1871年(明治4年) 現存せず)、横浜の山手公園(1870年(明治3年))が存在した。明治期に入ってからすぐのものは、居留地の外国人専用などであり、日本国民にとっては公園ではなかった。
江戸期から景勝地とされ、明治期に公園として開設された松島、天橋立、安芸の宮島(日本三景)や大名庭園である偕楽園、兼六園、後楽園(日本三名園)などの公園の一部は、1919年(大正8年)制定の旧史蹟名勝天然紀念物保存法により「著名ナル公園及庭園」として名勝に指定されていった。
その後、世界的に国立公園の指定の機運が高まり、これに対応して旧国立公園法が1931年(昭和6年)に制定され地域制公園が始まり、1957年(昭和32年)の自然公園法に引き継がれた。営造物公園については長く法整備が遅れていたが1956年(昭和31年)の都市公園法によって体系化され公園の整備基準等が定められた。
なお、1951年に当時の建設省から各都道府県知事に公園施設基準が通達されている。これにより、運動場と緑地計画標準案にある運動公園とを区分している。またこのとき、公園内の施設についての条件規程を定めた。 都市公園法の公布施行によっても、明治6年の太政官布達は廃止されていなく、依然として生きている。公園制定の法は過去に東京市区改正条例設定、特別都市計画法による特別都市計画事業、神都計画による公園がある。 都市公園法では、法令制定前に国有地に存続していた公園について、管理者である地方公共団体には無償貸付とし、国有財産法上は、普通財産にしている。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年4月15日 (日) 06:25)