佃島」に関連する記事一覧

佃(つくだ)は、日本の東京都中央区に所在する地名である。隅田川下流にある。
歴史
徳川家康が関東へ下降する折の天正18年8月1日(1590年8月30日)、摂津国佃村(現在の大阪府大阪市西淀川区佃)の漁夫33人が江戸に移り、正保2年(1645年)に元々あった名前のない砂州に百間四方の土砂を埋め立てて拡張し、築島して定住することとなり、この島を故郷にちなんで「佃嶋」と命名した。古地図を見ると「田」の字の島が確認できる。現在の地図を見ても、佃一丁目の形状はそのような形状をしている。
徳川家康の江戸下降の際に移住した摂津国佃村の漁夫33人と神主・平岡権大夫好次が、同地に所在する住吉社(現・田蓑神社)の分霊を勧請して創建した住吉神社では、3年ごとに大祭が行われる。2005年(平成17年)夏には360年周年記念大祭が執り行われた。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年3月20日 (火) 02:23)