今戸神社」に関連する記事一覧

今戸神社(いまどじんじゃ)とは、東京都台東区今戸一丁目にある神社である。

御祭神

御祭神として、応神天皇・伊弉諾尊・伊弉冉尊・福禄寿を祀っている。
御由緒
今戸神社は、康平六年(1063年)源頼義・義家親子が奥州討伐の折、京都の石清水八幡宮を当地に勧進し、祈願したのが始まりであるといわれている。また1081年(永保元年)にも清原武衡・家衡討伐の際に当地を通り、戦勝祈願をしたといわれている。大正12年(1923年)9月1日の関東大震災や大東亜戦争の際、米軍の爆撃機B-29が昭和20年(1945年)3月10日に焼夷弾を投下したり(東京大空襲)など数々の戦乱や火災に見舞われたが、その都度再建され、現在の社殿は1971年(昭和46年)に再建されたものである。1937年(昭和12年)には隣接していた白山神社を合祀し、今戸八幡と呼ばれていた当神社が現在の今戸神社と呼ばれるようになった。また現在では浅草七福神のひとつ福禄寿も祀っている。
招き猫発祥の地
今戸神社は、近年になって招き猫発祥の地のひとつとしても知られるようになった。伝わっているところによると、江戸時代末期、界隈に住んでいた老婆が貧しさゆえに愛猫を手放したが、夢枕にその猫が現れ、「自分の姿を人形にしたら福徳を授かる」と言ったので、その猫の姿の人形を今戸焼の焼き物にして売ったところ、たちまち評判になったという。(今戸焼丸〆猫参照)これが招き猫の発祥とも言われ、近年の招き猫ブームによって今戸神社は招き猫発祥の地として看板を掲げるようになり多くの招き猫が奉られるようになった。本殿や境内に安置されている招き猫の形状は江戸明治の今戸焼の招き猫とは形状の全く異なるものなので、考証的には伝統的なものとの関わりのない平成の創作として割り引いて観る必要がある。
また、焼物として使うこの土地の粘土が良質の物だった事から、今戸焼が栄えた事もある。
沖田総司の終焉の地
当神社は幕末の志士・沖田総司の終焉の地とも言われている。これは、結核を患っていた沖田総司を診ていた松本良順が当時今戸神社を仮の住まいとしていたことからきている。
縁結びの神様
御祭神に伊弉諾尊・伊弉冉尊の夫婦の神様を祀っている事から、縁結びにゆかりがある。また、今戸神社の絵馬は他の神社では見られない『真円形』の絵馬である。これは縁と円の語呂を掛け合わせたものとなっている。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年3月15日 (木) 10:36)