京成押上線」に関連する記事一覧

押上線(おしあげせん)は、東京都墨田区の押上駅と葛飾区の青砥駅を結ぶ京成電鉄の鉄道路線。都営地下鉄浅草線と京成電鉄本線をつないでいる。

路線概要

営業キロ5.7kmの短い路線で、沿線は密集した住宅地に囲まれている。
起点の押上で都営浅草線と直通運転を行っており、泉岳寺を経由して京急本線(横浜方面)・京急空港線(羽田空港方面)と直通運転を行っている。終点の青砥においても、本線(京成船橋方面)・北総鉄道北総線(千葉ニュータウン方面)・成田空港線(成田湯川経由成田空港方面)に乗り入れる列車が多い。さらには東成田を経由して芝山鉄道線(芝山千代田方面)に直通する列車もある。
多岐にわたる直通運転により、自社の京成電鉄のほかに東京都交通局・京浜急行電鉄・北総鉄道・千葉ニュータウン鉄道・芝山鉄道の、合計5社1局の車両が走行する。
京成電鉄におけるターミナルは押上が最初であり、押上 – 青砥間は本線の一部であった。その後京成上野・日暮里から青砥までを結ぶ路線が開業してからは本線の地位を譲り、押上 – 青砥間は押上線となる。
1960年に都営1号線(都営浅草線)と直通運転が開始され、押上線は京成電鉄における都心直結路線としての機能が確立し、本線のターミナルである京成上野・日暮里よりも多くの集客力を誇る路線となる。なおこの直通運転は、郊外路線 – 地下鉄との直通運転において日本初である。
1991年に北総線が京成高砂まで延伸すると、北総線 – 都心間のルートの一部を担うこととなった。さらにエアポート快特の運行開始後は、成田空港 – 羽田空港間を1本の列車で結ぶルートの一部となった。京成線内快速運転開始後は一時両空港を結ぶ列車は大幅に減便されたものの、成田空港線開業後に新種別のアクセス特急が設定され、このアクセス特急による両駅を結ぶ列車が大幅に増えた。このように、京成本線と都心を直結する連絡線としての機能のほかに、様々な機能を持つ路線となった。
押上線は本線と比較して短絡で都心へ向かうルートであり、都営浅草線との直通運転によって、日本橋・銀座(東銀座駅)・新橋などの都心中心部と直結する。本線の青砥 – 日暮里間は迂回するような遠回りの経路であり、所要時間が長くなる。またターミナルの京成上野・日暮里が都心の北側にあることで、都心中心部へのアクセスに山手線を利用しなければならない面があり、さらに所要時間が長くなる。そのような現状から、押上線が京成電鉄で都心アクセスにおいて本線よりも優位に立つことができた。ただし、東京の大動脈である山手線に接続することもあって、本線の京成上野・日暮里の利用者もそれなりに多く、成田空港線開業後もスカイライナーやシティライナーなどの優等列車は本線の京成上野をターミナルとして発着している。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年1月24日 (火) 15:17)