両国」に関連する記事一覧

両国(りょうごく)は東京都墨田区の町名。

地理

墨田区本所地域にあたる。北は総武線を隔てて墨田区横網に、南は竪川と高架上の首都高速小松川線を隔てて墨田区千歳に、西は隅田川を隔てて中央区東日本橋、および台東区柳橋に、東は清澄通り(地下に都営地下鉄大江戸線が通っている)を隔てて墨田区緑に接する。町内を国道14号(京葉道路)が通っている。また、「両国」の名は通称として両国駅周辺一帯を指すこともある。元来は両国橋周辺の称。
歴史

江戸時代の1659年(万治2年)12月13日に架橋され、当初幕府によって大橋と名づけられたが、両国橋と通称された。
両国橋東岸の地域、現在の両国は神田、日本橋方面と直接結ばれ、以後江戸が隅田川をはさんで東側に拡大する足がかりとなった。現在の両国を含む北側が本所、両国よりも南側が深川であり、双方とも江戸時代の新興住宅地域にあたる。
なお、1686年(貞享3年)(一説によれば寛永年間(1622年-1643年))に、のちの南葛飾郡が武蔵国へ編入されるまでは隅田川(当時は大川)が下総国と武蔵国の国境であったため、大橋(両国橋)はその両方の国に跨っていた。これが両国橋の名称の由来となっている。
総武線の両国駅の開業は1904年のことである(開業当時の名称は「両国橋駅」)。これは本所駅(現在の錦糸町駅)から都心方面への乗り入れを目的とした延伸のためであったが、隅田川の架橋工事が難航したことから秋葉原・御茶ノ水方面への延伸が遅れ、また1932年の延伸後も1972年の錦糸町-東京間の地下線の開業までは千葉以東へ向かう列車の多くが両国駅を始発としたため、駅前に路面電車が乗り入れていたこともあって、両国駅はながらくターミナル駅として活況を呈した。
両国の名前が全国に知られているのは両国国技館によるところが大きいと思われる。辰野金吾と葛西万司の設計により1909年に完成し1944年まで使用された旧両国国技館は、両国二丁目の回向院の旧境内にあった。その後、蔵前国技館への移転を経て、1985年に新しく完成した現・両国国技館は、両国駅の北側、墨田区横網に位置している。このような縁から、両国は多くの相撲部屋やちゃんこ店が居を構える相撲の町としての顔も持つ。なお、旧国技館は1983年に解体されるまで日大講堂として使用され、解体後の跡地は現在オフィス・住宅・劇場・レストランなどからなる複合ビル施設の両国シティコアとなっている。
赤穂浪士の討ち入りで知られる吉良屋敷は本所松坂町(現在の両国二丁目から両国三丁目にかけての一帯)にあった。現在はそのごく一部が吉良邸跡として保存されており、区立本所松坂町公園となっている。また、その近くにある区立両国公園内には勝海舟の生誕の地の碑がある。吉良邸跡の南側、竪川の北岸は塩原太助の住居跡で竪川に架かる橋に塩原橋の名が付けられている。
新両国国技館と同じ墨田区横網には、関東大震災で多数の犠牲者を出した陸軍被服廠跡に建てられた東京都慰霊堂があり、震災犠牲者と東京大空襲犠牲者を祀っている。

Wikipediaから引用(最終更新 2011年9月8日 (木) 11:55)