下町」に関連する記事一覧

下町(したまち)とは、市街地の一部を区分して言う言葉で、複数の意味を有する。

通常は下の二つの意味を同時に持つ言葉として用いられる。
地形的特性としての下町
第一の語義には地形的な特徴によって区分した「下町」があげられ、市街地中の海・川に近い低地の部分を示す。
この意味での下町は、東京では、山の手(武蔵野台地東端部分)の周辺をなす崖線より下側の地域がこれにあたる。大阪では、舌状に伸びる上町台地の西麓の地域がこれにあたる。江戸=東京についてはこの意味の下町と対をなす言葉は山の手であるが、通常は「山側」を意味する山手が対語となる。大阪については下町という言い方はあまり用いられず、「中之島」「船場」「島之内」など河川や堀で区切られたブロック毎の固有名称が一般的で、下町の対語となる上町がよく用いられる。
社会的特性としての下町
東京では、歴史的に江戸時代の御府内(江戸の市域)で、高台の武家地域を「山の手」と呼び、低地にある商工業が盛んな町人の暮らす町を「下町」と呼んだ。東京における下町の代表的な地域は、日本橋・京橋・神田・下谷・浅草・深川・本所等である。 「下町」に対して、武家町、寺町などの言葉もある。
江戸のような都市では、軍事上の有利性から軍事拠点となる大名屋敷・大身旗本屋敷・大寺院は台地上に集中した。また、水運の便の良かった川沿城下町・陣屋町などにも見られる。
谷根千と呼ばれる谷中・根津・千駄木はそれぞれ寺町、下町、(下級)武家町である。
大阪の地理的高低差は、江戸のような社会的棲み分けとの関連性は弱く、市街地の時間的変遷との関連性が強い。
豊臣時代は武家地・町人地とも上町を中心に展開しており、下町は開発途上であった。徳川時代に入って下町の開発が進み、町人地の中心が船場・島之内・下船場(西船場)・堀江などの下町へ移ったが、上町にも上本町・谷町などの町人地が残った。城代や町奉行の武家地については城内・玉造(上町)と天満(下町)とで上級下級の棲み分けが認められるが、商業に特化した都市の性格上、各藩の大名屋敷(蔵屋敷)は堂島・中之島といった水運に利する下町に置かれた。

Wikipediaから引用(最終更新 2011年10月9日 (日) 11:35)