ランチ」に関連する記事一覧

ランチ(英Lunch )は、昼間の食事である。ランチョン(英Luncheon )の省略形として一般に使われる。
ランチは、18世紀の英語圏では「ディナー」と呼ばれていた(現在でも昼の食事を意味する言葉としてイギリスおよびアメリカ合衆国とカナダの一部で使われている)。「ディナー」はより遅い食事となり、夜に食べる19世紀のコース料理になって、上流階級の夜の軽食「サパー」に代わった。
ランチは、元々は労働者階級が仕事をひと休みして、洋梨アルコール飲料(シードル)を購入する(時に飲む)ための手段を意図していた。
日曜昼間の食事、およびクリスマス、復活祭、感謝祭(米国およびカナダ)での祝祭の食事は旧来の時間帯である正午または午後2時から4時にとられ、「ディナー」と呼ばれる。伝統的な農業社会では、今なお昼間に1日で主要な量の多い食事が一般に食べられており、「ディナー」と呼ばれる。

日本の昼食

日本の小学校・中学校では、一般的には昼食に学校給食が提供される。学校給食は、校内の施設において調理されたものと給食センターのようなセントラルキッチンなどで集中的に調理されて配達されるものがある。生徒の発育を考えて栄養のバランスを考えたメニューとなっている。なお、配膳は生徒自らが当番制で行う場合や、あらかじめ盛り付けてある皿を生徒自らが取る場合などがある。
高校生・大学生や社会人における昼食は、家庭で作った弁当、購買部の利用、学生食堂又は社員食堂の利用、食堂又は喫茶店での外食やコンビニエンスストアのおにぎりや弁当などがある。食堂によっては、「ランチタイムサービス」と称して、昼食時のみスープ、ミニサラダやコーヒーなどをサービスとして付けたり、価格も夜の料金よりも低く設定したりしていることもある。
家庭の主婦などは、朝食の余りもので簡単に済ます場合もあるが、近年はファミリーレストランなどでの外食姿も目立つ。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年1月29日 (日) 05:36)