ブルジュ・ハリファ」に関連する記事一覧

ブルジュ・ハリーファ (英語: Burj Khalifa) は、アラブ首長国連邦ドバイにある、世界一高い超高層ビルである。日本語ではブルジュ・ハリファ、ブルジュ・カリファとも表記される。建設の段階では、ブルジュ・ドバイ (Burj Dubai) の名であった。
全高(尖塔高)828.0 m、軒高(ビル本体の屋根の地上高)636.0 m。160階建て。

名称

「burj, ブルジュ」はアラビア語で「塔」「タワー」を意味し、「ブルジュ・ハリーファ」の語義は「ハリーファ塔」「ハリーファ・タワー」である。2010年1月4日の営業開始を機に、正式名称が「ブルジュ・ドバイ」から、アラブ首長国連邦第2代大統領で連邦内最大の国アブダビ首長国のアミール(首長)であるハリーファ・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン (Khalīfa bin Zāyid Āl Nuhayyān) にちなんだ「ブルジュ・ハリーファ」に変更された。2009年11月に発生したドバイ・ショックの影響による資金難から完成が危ぶまれるなか、ハリーファの尽力が大きかったことが理由とされている。

建造

1 – 8階はジョルジオ・アルマーニが内装を手がけるアルマーニホテル、9 – 16階は同じくアルマーニの高級マンション、38 – 39階はアルマーニホテルのスイートルーム。その他は108階までは高級マンション、111 – 154階は主にオフィスが占める。124階に展望台がある。エレベーターは世界最速の秒速18 mのものが設置されている。デザインは、この地域に特有でイスラーム建築においても具象化されたという砂漠の花、ヒメノカリス (Hymenocallis) をイメージしている。
風の影響を抑えるためにビルは螺旋状にし、風を上方に逃がすデザインとなっている。
企画はドバイの不動産開発会社であるエマール・プロパティーズ。設計はアメリカ合衆国スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリルのエイドリアン・スミス (Adrian Smith)。建設は、韓国のサムスン物産、ベルギー最大の建設会社のベシックス (Besix)、アラブ首長国連邦の超高層ビルを得意とするアラブテック (Arabtec) の共同。設備はアラブ首長国連邦のETA社、インドのVoltas社、日本の日立プラントテクノロジーが担当している。
商業施設、居住施設、娯楽施設などを含む大規模な複合施設の核として位置づけられており、全ての計画を換算すると80億USドルに上ると見られている。経済効果は少なくとも200億ドルを超えると見込まれ、アラブ首長国連邦で推進されている石油中心経済からの脱却や、観光戦略に関する政府の意図が窺える。

記録
以下のカテゴリについて従来はそれぞれ異なる建造物が世界一であったが、ブルジュ・ハリーファはことごとく記録を塗り替え、全てのカテゴリで世界一である。

世界一高い超高層ビル
2007年7月21日の時点で台北101(尖塔高509.2 m)を抜き、世界一の高さの超高層ビルとなっている。2013年完成予定の1 ワールドトレードセンター(ニューヨーク)、目下建設凍結中のシカゴ・スパイア(シカゴ)などの超高層ビルは、発表当初世界一の高さの記録を更新すると言われたが、ブルジュ・ハリーファはそれらの記録を先行して塗り替えた。
世界一高い自立型建造物
世界一高い自立型の建造物はトロントのテレビ塔CNタワー(尖塔高553.33 m)であったが、ブルジュ・ハリーファは2007年9月24日にこれをも超える564.9 mに達した。
現存する世界一高い建造物
2008年3月27日には現存する最も高い建造物であったKVLY-TV塔(尖塔高628.8 m, 支線型)を上回り、630.5 mに到達した。
史上最も高い建造物
2008年5月19日には、1991年に倒壊した尖塔高646.38 mのワルシャワ・ラジオ塔を上回る649.7 mに達し、歴史上最も高い建造物となった。
世界一高い軒高
アンテナなどを除いたビル本体の高さを表す軒高も上海環球金融中心 (474.0 m) を上回り、世界一 (636.0 m) である。
内部施設に係る記録
フロア数:160階で世界最多。それ以前はウィリス・タワー(シカゴ)の108階が最多。
以下の施設は、それぞれのジャンルで最も地上より高い所にある。
モスク:154階。
屋外展望台:124階 (452 m) のアット・ザ・トップ。
レストラン:122階 (442 m) の「アトモスフィア」。
スイミングプール:76階。

高さ1位でなくなる日
2010年時点でクウェートの首都クウェート市の隣で進行中の人工副都心マディナ・アル=ハリール地区に高さ1,001 mのハイパービルディングである「ブルジュ・ムバラク・アル=カビール」(Mubarak al-Kabir Tower)(2016年竣工予定)が計画されている。また、ブルジュ・ハリーファと同じアラブ首長国連邦のドバイでも、ナキールが高さ1,400 mの「ナキール・タワー」の建設に着手、さらに高さ2,400 mの「ドバイ・シティ・タワー」の建設も予定され、他にもサウジアラビアのジッダでは高さ1,600 mの「キングダム・タワー」の建設計画があり、バーレーンの首都マナーマでも高さ1,022 mの「ムルジャン・タワー」の計画が浮上している。このように、ブルジュ・ハリーファを超える高さの超高層ビルの建設計画が中東で次々と明らかになっているので高さ1位の記録が破られるのは時間の問題だと考えられている。ただし、2007年に始まった世界金融危機(世界同時不況)の影響も顕在化しナキール・タワーの建設計画が1年間延期になるといったことも起きており、どの段階でどのビルによって抜かれるのかについてはあまりはっきりしていない。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年1月25日 (水) 14:45)