キャラクター」に関連する記事一覧

キャラクターは、小説、漫画、映画、アニメ、コンピュータゲームなどのフィクションに登場する人物や動物など、あるいはそれら登場人物の性格や性質のこと。

概説

人間や動物のような生物や、生物を模したロボットに限らず、さまざまな道具、時には生物の器官、星や元素、さらには感情や自然、国家など、ありとあらゆる概念は擬人化とデフォルメを介することでキャラクター化されうる。略してキャラとも言われる。
「キャラクター」の語源である英語の「character」という語の本来の意味は、「特徴」「性質」である。その意味での用例として、似た性質を持つ人物が社会集団に複数いる状態を『キャラがかぶる』と表現することがある。また、人物を意味する場合も本来は架空の登場人物とは限らず、日本語でもCMキャラクターなどは実在の人物をさす用例も多い。
日本語において、架空の登場人物を指す「キャラクター」という言葉は、1950年代にディズニーのアニメーション映画の契約書にあった「fanciful character」を「空想的キャラクター」と訳した際に誕生したとされている。

登場人物としてのキャラクター
通常は物語を構成するために位置づけされる登場人物のことを指し、物語に関与しない群集(モブキャラクター)や通行人などがキャラクターと呼ばれることは少ない。キャラクターには必要に応じて外見的特徴や内面的特徴(具体的には体格、服装、職業、経歴、特技、欠点、口癖など)が設定される。
サブキャラクターは、モブキャラクターとほぼ同じ意味にあたる[要出典]。
広く大衆性を獲得した場合、そのキャラクターは帰属する集団の一般的イメージを再定義する。シャーロック・ホームズなどのいわゆる名探偵から連想される探偵像は、現実の(21世紀初頭における)探偵とは乖離したキャラクター像となる。また、実在した人物を題材にして優れた作品が作られた場合も、実際とは程度の差こそあれ、かけ離れた人物像が広く認識されることもある。たとえば宮本武蔵または坂本龍馬の一般的イメージは、吉川英治または司馬遼太郎の著作による影響を色濃く受けている。 また、企業などの放送コマーシャルやポスター媒体の広告モデルとして起用されるタレント・俳優・モデルらのことを「(商品名・または企業名)イメージキャラクター」として紹介される事例も多い。
種としてのキャラクター
単一の登場人物(生物)ではなく、作品に登場する架空の生物種そのものがキャラクターとして扱われる場合がある。これらは登場人物としてのキャラクターとは異なる性質を持つ。
キャラクターとなる架空の生物には複数の個体が存在するため、外見的あるいは内面的な性質には様々な個性を持つものが許容される。よって、唯一無二の存在と比較するとキャラクターイメージの形成が難しい反面、各人の持つイメージも壊しにくく、スピンオフ作品やキャラクターグッズにおける多様な展開が容易である。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年3月13日 (火) 13:49)