かりんとう」に関連する記事一覧

かりんとうは、小麦粉を砂糖・水・イーストや、食塩、重曹などと共に練り合わせ、棒状に成形してつくった生地を植物油で揚げ、黒砂糖や白砂糖でつくった蜜でからめて乾燥させた駄菓子の一種である。花林糖と当て字で表現する事もある。かりん糖という表記も多い。 類似した製品としては奉天、かみなり、黒ねじといったものがある。

起源については諸説あり、はっきりとはしていない。
・唐菓子を起源とする説:奈良時代に遣唐使によってもたらされた唐菓子で、京都の上流階級に食された。江戸時代には関東にも広まり、明治初期には東京浅草周辺から庶民の味として親しまれるようになった。現代の中国には「江米条」と呼ばれるかりんとうに似た菓子がある。また、愛知県津島市にはあかだ・くつわと呼ばれる米粉を用いた古い油菓子がある。
・南蛮菓子を起源とする説:関連性を示す研究・文献はないが、スペインにはペスティーニョと呼ばれるかりん糖そっくりのお菓子がある。また、兵庫県姫路市周辺で作られているかりんとうは、江戸時代に姫路藩の殖産政策の一貫として、留学生が長崎のオランダ人から油菓子の製法を伝授され、同地に持ち帰ったのを起源とする説がある。
その他、戦国時代における兵士の保存食が起源、といった説もある。

地域差

関東のかりんとうは生地の発酵を長めに行い、比較的柔らかくて軽く、からめる蜜には白砂糖が用いられる事もある。元々は上流階級のお菓子として広まったもので、現在の高級なかりんとうの先駆けとなった。
一方、関西では硬めにこねた生地を用いるため、比較的硬めの食感を身上としており、先述の姫路地方で播州駄菓子(ばんしゅうだがし)と呼ばれるなど駄菓子として発達した。
東北地方ではバラエティに富み、岩手県の沿岸北部では棒状ではなく円盤状に整形した生地を揚げており、せんべいに似た形状が特徴である。秋田県では短冊状に加工したものがあり、味付けも味噌と砂糖をまぜたものを使う場合がある。宮城県では大崎市岩出山の名物とされ、県内では袋だけでなく一斗缶に入った状態でも販売されている。

材料の違い

ゴマ、抹茶、大豆、蕎麦粉、ピーナッツを生地に混ぜる事もあり、現在ではいわゆる駄菓子から高級品まで様々なものがある。

Wikipediaから引用(最終更新 2012年1月19日 (木) 15:58)