• -


#275 『北斎と緑町公園とスカイツリー』

今回で275回目となる東京スカイツリー現地レポート。

 

さて、#158で「マンモスすべり台からスカイツリーを臨める公園」として、京島南公園をご紹介しました。

 

今回はそんな『ちょっと特徴的な遊具のある、スカイツリーを臨める公園』の第二弾ということで、緑町公園にやってきました。

 

都営両国駅のすぐ東側にあるこの緑町公園は、スカイツリーから少し距離が離れているにもかかわらず周囲に背の高い建物が少ないため、スカイツリーが非常によく見渡せます。そしてこの公園内に建設が予定されているのが「」です。

 

すみだ北斎美術館は、平成27年の開館予定。詳細な説明の必要がないほど有名な世界的画家ですが、じつは90年にわたる生涯のほとんどを、今の墨田区内で過ごした「地元のほこり」なのです。

 

墨田区によって、そんな北斎の作品の展示や情報提供など、北斎生誕の地に相応しい美術館を目指して現在、開設の準備が進められているとのこと。いま、北斎が健在ならどんな絵を描いたのだろう…そんな事にも思いを巡らせてしまいますが、本当に楽しみです。

 

そんな「すみだ北斎美術館」の建設が予定されているこの緑町公園の特徴は、何といっても写真のような、まるで蜘蛛の巣のような珍しい遊具です。

 

大人になった今になって思うと、ちょっと危険(?)にも感じるアクロバティックな遊具を子供達はスイスイ登って、ちょっとでも高い位置からスカイツリーの姿を眺めようとしているのですから、その冒険心と興味津々さには頭が下がるところです。

 

そんな「ちょっと高いところ」から眺めるスカイツリーの姿も、実はちょっと乙なもの。子供たちがいない時を見計らって(笑)、大人もちょっと冒険してみるのはどうでしょうか。そして春はここも桜が乱れ咲いて「絶景」となります。

 

『緑町公園』

  • ・墨田区亀沢2-7
  • ・都営両国駅から徒歩5分
  • ・墨田区循環バス南部ルート「緑町公園」バス停すぐ

『すみだ北斎美術館』

  • ・平成27年開館予定
  • ・緑町公園内

 

カテゴリー: 現地レポート   タグ: , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-