• -


#228 『亀戸大根とスカイツリー』

今回で228回目となる東京スカイツリー現地レポート。

 

さて「亀戸大根」という大根をご存知でしょうか。スカイツリーすぐ近くの江東区亀戸地区で、江戸時代末期から大正時代にかけて栽培されていたという「幻の大根」亀戸大根。

 

ニンジンより少し大きい程度で、根が30センチ程度しかなく普通の大根よりも小ぶりながら、肉が緻密で葉も大きくて柔らかく、浅漬けにするとたいそう美味しいことから、江戸市民から重宝されたそうです。その後、産地は江戸川区や葛飾区に移ってしまいましたが、地元で亀戸大根を亀戸で復活させようと活動が起こり、今は地元の小学校で生徒の手によって栽培されているそうです。

 

スカイツリー近くの亀戸地区で「亀戸大根」が栽培されていた証…として「亀戸大根之碑」が、亀戸香取神社の中に建立されています。

 

この碑は平成11年に建てられたそうですが、まさにこの神社の周辺が「亀戸大根」栽培の中心地だったのだとか。大根の形?を想起させる姿がちょっとユーモラスです。毎年3月には境内で亀戸大根福分け祭りが行われ、亀戸大根が振る舞われるとのこと。

 

そしてこの亀戸香取神社は、「スポーツ振興の神」でもあります。かつて武道修行の人々が香取大神を祖神と崇めていたことから、現在でもスポーツの必勝祈願に多くの人が祈りを捧げに訪れています。

 

先日の#224でご紹介した「下町トレイン」が走る東武亀戸線の亀戸水神駅・亀戸駅からそれぞれ歩いてアクセス可能です。スカイツリー観光の行き帰りに、ハナシのタネとして立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

 

なお亀戸大根を使ったオリジナルの「亀戸大根料理」は、地元亀戸の料亭「升本」で提供されているそうです。

 

亀戸香取神社

  • ・江東区亀戸3-57-22
  • ・JR総武線、東武亀戸線亀戸駅から徒歩約10分

 

カテゴリー: 現地レポート   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-