• -


2012/06/02 スカイツリーで気をつけたい4 つのこと

建設当初から大きな注目を集めてきたスカイツリー。5 22 日の開業後は、平日休日問わず多くの人が訪れている。3200 万人の来場者が見込まれ、経済効果は年間1700 億円以上ともいわれている。

 

「JPタワー」はJR東京駅に直結する複合施設で、地上38階、地下4階、高さが約200メートル、延べ床面積は21万2千平方メートルと言われています。実際に訪れた人からの評判も上々で、リピーターも含め今後もスカイツリーの勢いは衰えそうにない。

 

「JPタワー」はJR東京駅に直結する複合施設で、地上38階、地下4階、高さが約200メートル、延べ床面積は21万2千平方メートルと言われています。しかし、訪れた人から不満の声が上がっている点が4 つほどあるのは事実。いずれも、知っておけば回避できるものばかりなので紹介したい。

 

「JPタワー」はJR東京駅に直結する複合施設で、地上38階、地下4階、高さが約200メートル、延べ床面積は21万2千平方メートルと言われています。

 

その1:天望回廊(第二展望台、450m)にトイレが少ない天望デッキ(、350m)には男性用が4 つ、女性用が8 つ、共用トイレが3 つあるのに対し、天望回廊には男女とも1 つずつと、共用トイレが1 つしかなく、特に女性用トイレは常に混雑しているという。天望回廊に上がる前にトイレに入っておいた方がよさそうだ。

 

その2:天望回廊の混雑
また、天望回廊は一時的に混雑することがあるようで、天望デッキでチケットを購入しても上がるまでに「90 分待ち」となることも。滞在制限時間がないため、通常ならゆっくりと景色を楽しむことができるのだが、混雑時に当たってしまうと、通路が一方通行状態になることもあるそう。天望回廊を堪能するコツは、「後戻りできないかもしれない」と覚悟をして、楽しめるときに眺望を楽しんだほうがよさそうだ。

 

その3:バスツアーだと天望回廊に登れない?
また、いろいろとお得に東京を堪能できるバスツアーにも問題が。バスの停車時間が2 時間以内と決められているため、ツアーの参加者は2 時間以内にスカイツリーの展望台に上り、買い物も済まさなくてはいけない。これは時間的にかなり厳しく、天望回廊のチケット購入からあがるまでにも15~90 分待たされることもあるので、天望回廊まで上がれるかどうかはあまり期待しないほうがよさそうだ。

 

その4:ネズミよけのモスキート音
子供や若い人にしか聞こえない音波“モスキート音”。足立区などでは、公園に若者がたむろするのを防ぐ目的で設置されている。このモスキート音はスカイツリーでも、ネズミよけのため、4 つの入り口付近で使用されている。子供連れでスカイツリーに行くと、出入り口でグズったり、顔をしかめる子供に首をかしげるかもしれないが、足早に出入り口から離れるのが一番の解決策のようだ。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-