• -


2012/05/23 世界に誇る日本のゼネコン技術!

東京タワーに代わる電波塔を作るため、プロジェクトが動き出したのが2003 年。東武鉄道の敷地の一部にスカイツリーが着工したのが2008 年7 月だ。周辺施設も含めて、事業にかかった経費は650 億円。世界一高い自立式電波塔としてギネス認定も受けた。建設を請け負った大林組は、高い場所に吹く強風や耐震性を重視。通常の2 倍の強度を持つ鉄骨を使用した。1本1 本、同じ形の鉄骨はなく、すべて職人による手作業による溶接が行われた。そのほか、地震対策として古くから五重塔などに使われている心柱という技術が使用された。

 

まさしくスカイツリーは、日本の最新技術と古代からつかわる技術、そして日本の職人たちの細かい技によって完成されたツリーだと言ってもいいだろう。東日本大震災では、周辺地域は震度5 弱を記録したが、当時620m を超えていたツリーへの被害はほとんどなかった。

 

日本の技術の高さは、スカイツリー以前から世界でも注目されている。2004 年に台北市に出来た「TAIPEI 101(台北国際金融センター)」(508m)は、熊谷組によって完成された。建物の27 階から90 階が全面ガラス張りであり、逆台形を重ねた斬新なデザインだ。台湾も地震国家であり、耐震対策は欠かせない。

 

また、大成建設もドバイに立つ360m のタワー「アリマスタワー」を建設。シンガポールの「リパブリックプラザ」(280m)を1995 年に完成させ、耐震設計を同国に広めたのは清水建設だ。

 

日本が世界に誇るゼネコンの技術力は、今後も高い注目を浴びそうだ。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-