• -


2012/05/22 スカイツリー効果で全国のタワーが注目度アップ

日本には、全国に約40から50に及ぶタワーが建っています。それぞれの地域で観光スポットとしての役割を果たしており、スカイツリーによってさらなる注目を浴びています。

 

東京スカイツリーが2012年5月22日、08年7月の着工から約4年の時を経て、ついにグランドオープンします。スカイツリーへの関心が高まるにつれて、全国にあるほかのタワーでも入場者数が増加。

 

スカイツリーのオープンを機に、全国各地のタワー施設に関心が高まっており、各施設への問い合わせ等が増えているとの声が挙がっています。

 

福岡県福岡市の福岡タワーでは、2012年1月から3月の入場者数が約8万人を記録。2011年の6万3000人から1万7000人増加しました。外国人団体客のみならず、個人客も増えた模様です。

 

5月の大型連休中、前年比31%増の2万人が訪れた名古屋テレビ塔も、7年に1度の塗装工事など改装を終えたばかり。

 

そして初代から数えて開業100年の老舗となる大阪府大阪市の通天閣は、スカイツリーに負けないといった姿勢。これまでに約3700万人が訪れ、2011年の入場者数は約122万5000人。前年度を約7万人上回りました。2012年4月末には、展望台の内装を金色に改装。名物ビリケン像も3代目に衣替え。あえてスカイツリー開業翌日の5月23日にお目見えします。

 

通天閣は西日本を代表するタワーとして100年経った今でも十分すぎる活躍ですね!

 

東京タワーは、東京の観光客数を底上げできる、とあくまで共存の姿勢を貫く模様。

 

いずれのタワーも、スカイツリーを意識した改装や来場者数アップを実現しています。ひとつの共通点は、スカイツリーが他のタワーのカンフル剤になっているということでしょうか。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-