• -


2012/05/20 東武ワールドスクウェアでツリーとシャクナゲが幻想的に

東京スカイツリーの開業を記念して、栃木県の鬼怒川温泉にある東武ワールドスクウェアで19日夜、ミニチュアのスカイツリーと、見ごろを迎えたシャクナゲパークを照らすライトアップが行われました。

 

世界建築博物館は、世界各国の遺跡や建築物を再現した日本のミニチュアパークです。世界21の国と地域より100点以上の遺跡や建築物が25分の1規模で、約14万体の人形と共に再現されています。園内は大きく6つのゾーンに分けられており、現代日本・アメリカ・エジプト・・日本の6つ。各ゾーンではエジプトの三大ピラミッド、パルテノン神殿、金閣寺などの45の世界遺産登録物件の他、世界の有名建築物が展示されています。多くのミニチュアは人間の目線近くやそれより低くなっていますが、2010年4月24日に展示を開始した東京スカイツリーは約26mもの高さがあるそう。

 

この日、本物に先駆け、江戸紫を基調とした「雅」のイメージに照らされたとのこと。また、6600平方メートルに170種類が植えられたシャクナゲは、赤や白、ピンクの花が色鮮やかに開花していました。

 

本物のライトアップももちろん見物ですが、こうしてシャクナゲとライトアップされるミニチュアも、また粋なものです。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-