• -


2012/04/26 通天閣展望台がゴールドに改装!3代目ビリケンさんも

東京スカイツリーに負けじと、他の観光地も様々な新戦略やプロモーションを打ち出しています。

 

国内において東京に次ぐ第二の経済都市である大阪。新世界のシンボルで観光名所である通天閣では、100周年記念として展望台をリニューアルしました。豊臣秀吉が造った「黄金の茶室」をイメージし、内装は金色で統一。幸福の神様「ビリケンさん」も現在2代目から模様替えが決まっており、来月、金髪の3代目がお目見えします。運気の上がる場所として観光客を呼び込むため、鎮座する「ビリケンさん」を取り囲むように、ビリケン顔の七福神を配したそうです。

 

通天閣は1912年開業。当時、地元の繁華街「新世界」は映画館や遊園地などが揃い、文化の発信地として賑わっていました。展望台の改装には、なんと約1億円かかったそうですが、通天閣を運営する通天閣観光は「まばゆく輝く金色に、昔の活気を再びという思いを込めた」と話しています。高井隆光副社長は「22日開業する東京スカイツリーに高さではかなわないが豪華さで対抗したい」と意気込んでいるそう。

 

営業時間は9時~21時。展望料金は、600円、大学生500円、中高生400円、小人300円。こちらも一見の価値あり、です。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-