• -


2012/04/17 「展望回廊」マスコミ内覧会

スカイツリーには、高さ340~350mの高さに位置する第一展望台と、445~451.2mの高さに位置する第二展望台「展望回廊」があります。国内の展望台で最も高い位置にあるとして注目を集める第二展望台が、開業前の4月17日には報道陣に初公開されました。

 

第一展望台は3層構造ですが、第二展望台は2層構造。第一展望台でチケットを購入した後、エレベーターで445m地点のフロアに向かいます。そこからガラスが張り出した全長110m のスロープを歩いて450m地点のフロアに到着。このスロープは外からもらせん状になっているのが確認できます。空中を散歩しているような感覚を味わえると評判のこのスロープもマスコミへの初お披露目となりました。

 

最高到達地点となる451.2m 地点は「」と名付けられています。今回の公開時にはスカイツリーのマスコット「ソラカラちゃん」がPR していました。

 

晴天時には首都圏が一望できるほか、富士山やつくば山も見ることができる第2展望台ですが、4 月17 日はあいにくの曇り空。新宿都心の高層ビル群はかすんでしまったものの、お台場に新しくオープンした恐竜橋などは見ることができたようです。

 

展望デッキには悪天候でも擬似的に眺望を楽しめる大画面のスクリーンや、大型モニター「東京時空ナビ」などの演出が用意されているので、どんな天候のときでも楽しめそうです。大雨の中歩くスロープもスリル満点で楽しいかもしれませんね。

 

第二展望台は当日券(1000 円)のみの販売で、第一展望台にて販売されます。晴天時の景色はお預けとなった今回の報道陣への公開。一般公開が待ち遠しくなるニュースとなりました。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-