• -


2012/04/15 東京スカイツリーの下、『たまごフェスティバル』開催

毎年恒例の(社)東京都卵業協会による『たまごフェスティバル』が、4 8 日、東京スカイツリーで沸く墨田区の区役所うるおい広場で開かれました。4 8 日はイースターの日に当たり、卵や卵型のお菓子は欠かせません。また、2 年ぶりの開催となった今年は、桜の満開の時期と当たったこともあり、多くの花見客が会場に足を運びました。

 

午前11時に都卵協の山田会長が開会を告げると、集まった人々に会員たちが一斉に、美味しくて栄養満点な国産鶏卵の魅力アピール。100円以上の募金で10個入りパック卵をプレゼントする『たまごチャリティ』には、多くのお客さんが行列しました。キューピーやJA など、各社が用意したブランド卵や卵加工品も100 円でチャリティ販売され、好評のうちに2 時間ほどで完売。

 

「にわとりは1 日にいくつの卵を産むのか?」など、鶏の卵に関する手ごわい問題が出題された『タマリエ検定』にも大勢が参加し、全問正解者には認定証と卵1パックがプレゼントされたほか、参加者にも鶏卵加工品がプレゼントされるなど、とにかく大判振る舞いなイベントだったようです。

 

たまたま参加できた花見客は本当にラッキーですよね。

 

そのほか、卵やフルーツの緩衝材として使われているパルプモウルドパックに、お絵描きをするコーナーなども用意され、こちらには多くの子供が参加しました。

 

チャリティ販売で集まった金額は、福島県養鶏協会に寄贈。同協会からは会長が駆け付け、福島県産の卵は定期的な検査が行われていることをアピールし、安心さを訴えました。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-