• -


2012/02/29 関西の技術がスカイツリーに集約

 

墨田区の東京スカイツリーが無事に竣工の日を迎えました。この巨大なタワーの建設には、関東の建設会社のみならず関西の大日本塗料、神戸製鋼所、パナソニックといった関西企業も活躍しました。

 

(LED)照明を担当したパナソニックのほか、神戸製鋼所、大日本塗料といった関西企業が、日本の最新技術をスカイツリーに注ぎ込みました。

 

スカイツリーの目玉の一つがライトアップです。淡い青と江戸紫のライトアップを毎日交互を行う予定です。1995台の照明全てがLEDです。LED技術の向上もあり、タワーを夜空へ綺麗に映し出す照明をパナソニックが成功させました。

 

ライトアップの幻想的な姿には塗料も貢献しています。「藍白」と呼ばれる青みがかった日本の伝統的な白色を再現したのは大日本塗料。塗装作業の負担軽減を可能にする高機能塗料を開発。耐久年数は25年です。

 

ゲイン塔に使用されている円形鋼管は、神戸製鋼所と佐々木製鑵工業(兵庫県)が共同開発しました。低温時や強風下でも耐震性を損ないません。

 

地下階から天望回廊(第2展望台)までを往復するエレベーター用のワイヤロープにはテザックワイヤロープ(大阪府)の製品が使用されています。一般的なエレベーターに使うロープに比べ、寿命は約2倍です。

 

東京スカイツリーは建築物としても世界的に注目されています。知名度が低かった企業にとっても海外へのPRになり、今後は海外で超高層の建築案件への依頼も見込まれるとのことです。

 

スカイツリーをきっかけに、さらなる活躍を期待したいですね。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-