• -


2012/02/23 スカイツリー完成記念の特別展開催、「太陽の塔」も出展


 
東京スカイツリー完成を記念して、江戸東京博物館で2月21日、特別展「ザ・タワー ~都市と塔のものがたり~」が始まりました。併設企画として「太陽の塔 」も開催されます(5階、常設展示室)。

 

宗教などの信仰の場で祈りの対象だった塔が、19~20世紀には眺めを楽しむための場へと変化し、やがて都市のシンボルとなる過程を、・大阪・東京の3つの都市のツリーを中心に読み解くことができます。

 

エッフェル塔については、日本ではあまり知られることの少なかった事柄について扱います。パリ万国博覧会のモニュメントとして建造された頃から一部の批判にさらされていました。その後も存続のための戦いを続けていたという過去を、仏国内の資料とともに紹介します。

 

日本の塔の資料では、「(明治23年)」や初代「通天閣(明治45年)」、「東京タワー(昭和33年)」、そうして「東京スカイツリー」といった歴代の塔の姿を見ていきます。

 

併設の企画展では、1970(昭和45)年に大阪で開催された日本万国博覧会のシンボルとして建造された岡本太郎の作品「太陽の塔」をメインに、関連資料で当時を振り返ります。1992年に改修のため取り外された「黄金の顔」は東京初公開となります。

 

江戸東京博物館にて、ツリーと人間の歴史を今一度振り返り、塔が象徴する役割について学んでみてはいかがでしょうか。スカイツリーへの考え方が少し変わってくるかもしれませんね。

 

【江戸東京博物館】(墨田区横網1、TEL 03-3626-9974)
 
・開館時間は9時30分~17時30分。
・特別展・常設展の共通券は、大人=1,520円、大学生・専門学校生=1,210円、中学生・高校生・65歳以上=760円。
・特別展の開催期間は2月21日~5月6日。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-