• -


2012/02/10 東京スカイツリー内の展望台、いよいよ名称決定へ

 

東京スカイツリーの建設・運営を行う東武鉄道と東武タワースカイツリーは9日、タワー内外の各種施設について名称や演出などを発表しました。地上高350メートルに位置する第1展望台は「東京スカイツリー天望デッキ」、同450メートルの第2展望台は「東京スカイツリー天望回廊」と命名されたとのこと。第1展望台の天望デッキへは、4階に設けられた出発ロビーからエレベーターに乗って行くことができます。4基設けられるエレベーターは「天望シャトル」と呼ばれ、さらなるお楽しみとして、それぞれの内部に下町の春夏秋冬を象徴する桜や隅田川、祭り、都鳥をテーマとしたアートパネルの設置が決定しました。

 

パネルのデザデザインは地元墨田区出身のデザイナー・高橋正美氏によるもの。海外からの来客も見込んでいるゆえ、伝統的な素材や手法を取り入ることで、日本ならでは、東京スカイツリーならではといった魅力を凝縮する意向が見られます。

 

また、曇りや雨の日などに展望台に来た人を楽しませる演出として、展望台の周りの雲を青色系の照明でライトアップすることも計画中。第1展望台のフロア350に「パノラマスクリーン」を設け、晴天時の風景の他に、雨天時にしか味わえないコンテンツを上映する予定。それにより、悪天候による満足度の低下を防ぐことが狙いです。さらには、展望台外部に追加設置した照明を用いて雲のライトアップを行います。雲のライトアップ用の照明設備は3月下旬の試験開始を目標としているそうです。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-