• -


2012/02/10 スカイツリー展望台のアトラクションが発表

 

開業に向けて次々と新構想が明らかになる東京スカイツリー。展望台には、景色を紹介する大型モニターが設けられ、来場者が上がれる最高到達点は床面にLED(発光ダイオード)を使って幻想的な空間が作られることが発表されました。

 

この度、地上から展望台までの内容を、(仮想現実)映像にて初めて公開されました。展望台に向かうエレベーター「」には、地元墨田区のデザイナーである高橋正美さんが手掛けた、桜や隅田川など日本ならではといった文化をテーマにしたパネルが設置されるそうです。

 

高さ350メートルの第1展望台は「天望デッキ」、450メートルの第2展望台は「」という名称に決まり、天望デッキでは、大型モニター「東京時空ナビ」を東西南北に計4基設置し、一望できる景色を分かりやすく解説してくれます。3層構造の最も下のフロアのガラス床からは、真下を見ることができるそう。

 

単なる「高層タワー」という魅力だけではなく、そこから見る東京の景色や感じる臨場感などに沿い、様々な設計が我々をわくわくさせてくれます。5月14~17日には開業式典や祝賀行事を行い、開業前には墨田区民を対象に、展望台への内覧会を予定しているとのこと。一足先にタワーを昇れる区民が羨ましい限りです。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-