• -

2012/01/08 おしなりくん人力車デート


 
東京名所にも数えられる初詣コース「隅田川七福神巡り」に2012年1月7日、押上・業平橋地区のイメージキャラクター「おしなりくん」と向島地区の「言問姐(ことといねえ)さん」が登場。人力車に乗って各寺社を参拝しました。残念ながら、「おしなりくん」と「言問姐さん」はちょっと体が大きくて、一緒に人力車には乗れなかった模様。

 

一行は10時30分に毘沙門天(びしゃもんてん)を祭る多門寺(墨田5)に集合。参拝、御分体受領、御揮毫を済ませて、1,500メートルほど南にある寿老人をあてた白鬚神社(東向島3)に向けて出発。そこから発祥の地で福禄寿(ふくろくじゅ)尊をあてた百花園、門前で売る桜餅が有名な弁財天の長命寺、布袋(ほてい)尊を祭った弘福寺(以上、5)、元は越後屋(現三越)に祭られていた大国神と恵比寿神が鎮座する三囲(みめぐり)神社(2)まで、約3キロの道のりを巡りました。

 

1804年、(墨田区東向島3)で風流に浸っていた「文人墨客(ぶんじんぼっかく)」と呼ばれる通人たちの間で正月の楽しみとして始められた「隅田川七福神巡り」。江戸時代から伝わる参拝方法は、各寺社で神様の御分体(各400円)を請け、宝船(1,000円)に乗せて家庭で祭るものです。お参りの証しとして、色紙などに御神号や御朱印を一筆書いてもらうだけの人も多いです。

 

「おしなりくん」と「言問姐さん」を乗せて走ったのは「えびす屋雷門」(台東区)の人力車。2011年に、東京スカイツリーの真下(1)に営業所を設置しました。「スカイツリーを眺めつつ、歴史の記憶が色濃いこの街を、昔ながらの人力車で移動しながら観光する楽しみは格別」と雷門店長の小川勝規さん。

 

この日は「おしなりくん」がNHK総合テレビ「おはよう日本」首都圏のコーナーに出演した直後ということもあり、2人は訪れた先々でファンや参拝客の歓迎を受け、記念撮影などの対応に大忙し。「粋でいなせな向島芸者キャラの言ちゃんを、今日は幅広い世代に知ってもらえる、いい機会になった」と「向嶋言問姐さん事務局」の奇怜子さん。
おしなり商店街振興組合事務局の阿部正さんも「スカイツリーを見にきたら、ぜひ、おしなりくんの家のある商店街にも遊びに来て」とコメントしています。

 

京都の観光エリアなどではよくお目にかかる人力車。日本の観光をぜひお試しあれ。

カテゴリー: お役立ち情報, ニュース, 周辺情報   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-