• -


2011/11/01 東京スカイツリー第1展望台を報道陣に初公開


 

2012年5月22日に開業する東京スカイツリーの第1展望台の内部が、報道陣に初めて公開されました。

 

東京タワーより少し高い約350メートル地点にある第1展望台は、すり鉢状の3層構造で、延べ床面積は約4100平方メートル。メーンフロアは床から天井まで窓ガラスが張り巡らされ、眼下の景色が360度見渡せます。

 

2層目には東武ホテルマネジメントが運営する展望レストランがあり、和をベースにフレンチの要素を合わせた「新日本料理」を提供する予定。他にもカフェやショップ等が入り、展望台全体で約2000人の収容を想定しているとのこと。

 

入場者が上に立って真下の眺めを楽しめる透明なガラス床や、記念撮影用の特設カメラも整備。さらに、約200年前に描かれた巨大な屏風絵も設置。これは空から江戸の城下町を見た想像図で、展望台からの眺めと重なるように展示する予定とのことです。

 

開業から約1ヶ月半程は完全予約制による入場案内を予定しており、第1展望台は大人が団体1600円、個人2000円。第2展望台まで上がる場合にはプラス1000の入場料かかります。
個人の方は、日時予約の入場の場合500円のプラス料金があります。

 

地上と第1展望台は40人乗りのエレベーター4基で結ばれ、所要時間は約50秒です。早く世界一の電波塔を体験したいですね。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-