• -


2010/09/01 ケータイ放送を開発へ一歩


 
アナログ放送番組の電波周波数から、また次世代の番組が生まれるかもしれません。

 

総務省は、アナログ放送番組のために使っていた周波数の新しい利用提案について、)の計画を認定しました。基地局を確保して、放送コストは安価。早期に黒字化が見込める提案と判断されました。mmbiの提案では、アナログテレビの停波に伴い、空き地になる予定の周波数帯を携帯端末向けマルチメディア放送に活用することになります。

 

mmbiはドコモをはじめ、フジテレビ、、伊藤忠、、電通などが出資するグループです。サービス開始は2012年春、基地局として重要な役割を果たすスカイツリー(墨田区)の開業とほぼ同時になる予定です。しかしながら決定したのは基地局の開設計画のみ。どの放送局が参入するかによって、コンテンツが今後具体化していきます。

 

まだまだ未知数な面の多い今回のマルチメディア放送。携帯電話のみで視聴可能な独自コンテンツになるのでしょうか。たとえそうだとしても、携帯電話の保有数は今やテレビ以上の数。巨大なメディア市場になるでしょう。スカイツリーとともに登場する新しい放送番組に注目ですね。

カテゴリー: ニュース   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-