• -


#198 『明治牛乳とスカイツリー』

今回で198回目となる東京スカイツリー現地レポート。

 

さて、今日はソラマチ5F「・すみだまち処」にやってきました。

 

ここに、最新技術の粋が集うスカイツリーとはいかにもアンバランスな佇まいの、昔の銭湯(今も?)などによく置いてあった「ビン入り牛乳・ビン入りコーヒー牛乳がたくさん入った牛乳ケース」が置かれています。そしてその牛乳ケースの上には、昔日の町の様子を伝えるジオラマも置かれています。

 

実は、明治牛乳が、スカイツリーのある町・墨田区両国で生まれた牛乳ということで、墨田区の文化や観光情報、名産品の情報を発信する「産業観光プラザ・すみだまち処」の名産品コーナーに、この明治牛乳の一コーナーが設けられているのです。

 

1928年(昭和3年)、両国工場(現在の株式会社明治・関東支社)にて製造された明治牛乳が初めて、この世に商品として送りだされました。1950年にはガラス瓶入りヨーグルトを国内で始めて製造販売するなど、牛乳業界のパイオニア的な存在として、広く認知されていたそうです。

 

ソラマチめぐりで歩き疲れて、ちょっと咽が乾いた時などはぜひこの明治牛乳コーナーを覗いてみて下さい。懐かしいあの時にちょっとタイムスリップしつつ、馴染み深い味に懐かしさも感じながら、ホッとひと息つけるに違いありません。

 

「産業観光プラザ・すみだまち処」

 

カテゴリー: 現地レポート   タグ: , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-