• -


#139 『葛飾北斎とスカイツリー』

今回で139回目となる東京スカイツリー現地レポート。

 

今回(2012年12月21日)は、ソラマチ・イーストヤ-ドの5Fにある産業観光プラザ すみだ まち処にやってきました。

 

この「 すみだ まち処」は、スカイツリーが立つ地である「墨田」の文化や産業、歴史?光情報などを
発信しているゾーン。そしてここでは墨田に関する様々な展示イベントが常に行なわれていますが、昨日からスタートしたのが「葛飾北斎を知る展示」です。

 

展示イベントのタイトルが「“すみだ”が生んだ世界の画人HOKUSAI」となっているように、江戸後期の浮世絵師・葛飾北斎は、スカイツリーのお膝元・墨田が生誕の地です。墨田区亀沢で生まれ、墨田区内(一部台東区内)を転々としながら傑作を描き、そして墨田を描いた策も数多く残しています。

 

晩年に刊行した、あらゆる角度から富士山の姿を描いた有名な「冨嶽三十六景」はあまりにも有名。北斎にとっての頂点とも言える名作でしょう。

 

27年度には、そんな北斎を末永く顕彰するための「すみだ 北斎美術館」も、生誕の地である墨田区亀沢地区にオープンの予定だとか。今回の展示では、そんな北斎と墨田とのかかわり、北斎の代表作について展示されているほか、スタンプラリーなども実施されています。

 

近代技術の粋・スカイツリータウンで、江戸の天才絵師に思いを馳せる。ちょっとタイムスリップしてみてはいかがでしょうか。

 

「北斎を知る展示“すみだ”が生んだ世界の画人‐HOKUSAI‐」

  • ・ソラマチ 5F 産業観光プラザ すみだ まち処にて開催
  • ・2013年1月22日まで

カテゴリー: 現地レポート   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-