• -


#095 『ワンデーパスでツリー巡り?』

今回で95回目となる東京スカイツリー現地レポート。

 

今日(2012年10月8日)は『都営地下鉄「秋」のワンデーパス』で、ツリー巡りに出かけてみました。

 

『都営地下鉄「秋」のワンデーパス』とは、その名のとおり、都営地下鉄全線が土・日・祝に限って1日乗り放題となる「フリーきっぷ」。「秋」のワンデーパスは11月25日まで発売中です。都営地下鉄の各駅(一部を除く)で購入可能、その日じゅうが有効期間となります。

 

最近は都営地下鉄だけではなく様々な鉄道会社でこのような「観光促進」のためのフリーきっぷが発売されていますが、この都営地下鉄のワンデーパスが優れている点は何といってもそのお値段。なんと大人500円なのです。数ある「フリーきっぷ」の中でもなかなかの「破格値」と言えるでしょう。

 

そして、都営地下鉄といえば浅草線の終点がスカイツリー直下にある押上駅。ということで、この切符を上手に使う事で「スカイツリー見物を含めた東京観光」に出かける事が出来るのです。

 

たとえば、東京タワーを眺めてからスカイツリーを眺めにいく「ダブルツリー」見物はどうでしょうか。東京タワーの最寄り駅は都営地下鉄大江戸線の赤羽橋駅ですから、出発駅→赤羽橋(東京タワー)→押上(スカイツリー)→出発駅に戻ってくるルートで、じゅうぶんの「モト」以上。このルートで出発駅が仮に新橋駅ですと140円おトクになります。(普通に切符を買えば640円)。

 

さらにそのプランに「展望台つながり」で東京都庁を訪れるプランをプラスするのも面白いかもしれません。ちなみに都庁の展望室は無料(!)で22時30分まで入館可能。年末年始以外は、土日も開館しています。この行程をプラスすればもっとおトクになって、出発駅→赤羽橋(東京タワー)→都庁前(都庁)→押上(スカイツリー)→出発駅に戻ってくるルートで、仮に出発駅が新橋ですと奇麗に一周してくるような感じになりますが、これで350円もおトクになります。(普通に切符を買えば850円)。

 

他に、都営地下鉄沿いの他の代表的な観光地といえば上野動物園(上野御徒町駅)、東京ドーム(春日駅)、六本木ヒルズ・東京ミッドタウン(六本木駅)、代々木公園(代々木駅)、そして何といっても浅草(浅草駅)でしょうか。路線図と地図とガイドブックをにらめっこしつつ「500円」で巡れるミニ観光プランをあれこれ考えてみるのも楽しいものです。

 

なお、この都営地下鉄に都バス・都電荒川線・日暮里舎人ライナーの1日乗り放題もプラスされた「」も700円で発売されています。こちらもかなりおトクです。

 

「都営地下鉄「秋」のワンデーパス」

  • 24年11月25日までの土、日、祝日に発売
  • ・発売当日かぎり有効
  • ・大人500円 小児250円
  • ・都営地下鉄各駅(一部駅を除く)で発売
  • ・混入不可の駅でも駅員に申し入れすれば、購入可能駅までの乗車許可証みたいなものを貰えます

カテゴリー: 現地レポート   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-