• -


#049 ・タベテラス

 

今回で49回目となる東京スカイツリー現地レポート。

 

さて、特に週末ともなると数多くの見物客が押し寄せるスカイツリータウンですが、そうなると大変なのが「どこで食事をとろうか」ということです。

 

もちろん、スカイツリー隣接の東京ソラマチ30・31F「ソラマチダイニング スカイツリービュー」が、地上150mからの眺望の良さ&間近でタワーを望めることも手伝って1番人気ですが、週末ともなると30・31Fに上がるためのエレベーター乗り場(1F部分)の段階ですでに長蛇の行列で平日オフタイム以外は、まだスムーズに入店することは厳しい感じ。となれば、6・7Fに29店が立ち並ぶレストランエリアの「ソラマチダイニング」で…となりますが、こちらも特に週末の夜などは大半のお店が、入店待ちの行列が出来ている状況です。

 

そんな時に「気楽に食事ができるスポット」として重宝するのが、ソラマチのウエストヤード3Fにある「ソラマチ タベテラス」でしょう。

 

ソラマチダイニングのあるイーストヤードとは逆側のウエストヤード3Fにある「ソラマチ タベテラス」。いわゆるフードコート形式で、大きな吹き抜けから階下2Fのフードマルシェ(デパ地下の食料品売場のようなフロア)を見下ろしながら取り囲むかのように、カウンター形式・ボックス形式・スタンディング(立食)スタイルなど様々なスタイルの客席が配されています。まず最初に「席を確保」してから、お店を回って品定めをして、お好みのメニューを自席へテイクアウトしてくるスタイル。この気軽さ(値段面も含めて)と、和・洋・中が揃った店舗のバラエティさが「ソラマチ タベテラス」の魅力です。

 

ベーカリーカフェの「ヴィドフランス」、宮武讃岐うどん、たこ焼き「築地銀だこ」、中華料理「南国酒家広東麺飯房」、ラーメン「IPPUDO NOODLE EXPRESS」、カレーの「東京チャンプ」、肉そば業平、韓国料理「VIVAけなりぃ」、ハンバーグ「グリルカキヤス」、そしてデザートカフェの「ミルク&パフェ よつ葉ホワイトコ-ジ」、以上の10店がブースを出しています。スカイツリー専用メニューを提供しているお店もありますし、何よ
 

りもこの10店舗の顔ぶれがバラエティに富んでいますから、グループで訪れて色々なメニューをオーダーして、少しずつシェアする楽しみ方も「ソラマチ タベテラス」ならではかもしれません。

 

時間によって混雑していることはありますが、ここは「回転」が早いため、最悪でも「少しだけ待つ」ことを覚悟すれば席は確保できます。今回はツリーやソラマチの見学優先、でも食事はちょっとだけ面白いものが楽しめれば…というムキにもピッタリ。ぜひ一度、このウエストヤードのソラマチ タベテラスも覗いてみてください。

 

「ソラマチ タベテラス(フードコート形式)」

  •  ◆7東京ソラマチ ウエストヤード3F
      10時~21時

カテゴリー: 現地レポート   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-