• -


#045 夜のスカイツリーを眺めよう!「十間橋から」

 

今回で45回目となる東京スカイツリー現地レポート。今回は、夜の「」にやってきました。

 

先日の#042でも少しお伝えしましたが、日が暮れて夜になるにつれ、続々と見物客の方が押し寄せるスカイツリータウン。もちろん、特に平日などはお仕事を終えてから来られる方が多いワケですが、それでもこれほどまでに「夜になるとむしろ訪れる人が増える」要因は、夜になると雅・粋という2種のスカイツリーの見事なライトアップが楽しめるからでしょう。

 

このライトアップ、ツリーの規模があまりに大きいため、ツリーのすぐそばなど「近すぎる場所」からその様子を見上げても、ライトアップの素晴らしさはなかなか分かりづらい感じです。奇麗なライトアップの様子を満喫するならば、ツリーから5~10分歩いた場所がベスト(それ以上遠い場所では、ライトアップがやや鮮明に見えづらいところもあります)。

 

ということで当欄では「夜のスカイツリーのビュースポット」を何回かにわたってご紹介中です。前回(#042)は「源森橋」を訪れましたが、今回は北十間川をツリーから逆の方向に歩いた場所にある「十間橋」にやってきました。

 

ツリーのたもとを流れる北十間川に架かる京成橋(スカイツリータウンそば)から、さらにツリーとは逆方向側に川沿いに歩けば5分ほどで到着する「十間橋」。各ガイド誌などでも紹介されている「ツリーのビュースポット」だけに、特に天気のいい日は昼夜問わず、カメラを手にした方の姿が絶える事がありません。

 

ここに「カメラマン」が集まる大きな原因は…昼夜ともにツリーの全貌が鮮やかに見える「ツリーとの位置関係」はもちろん、ここからツリーの方向に川面を見ると川面に「逆さツリー」の姿が映り込みますが、これが昼間はもちろんのこと、夜でも川面に映り込むのです。ツリー本体のライトアップと「川面のライトアップ」が繋がる感じで見えるため、とても幻想的。この様子を写真に収めようと、たくさんの「カメラマンの方」が夜になると集結するスボットとなっています。

 

その川面の様子を眺めるだけで見物の記念になる事は間違いありません。ぜひ夜にツリー見物に訪れた際は少しだけ歩いて頂いて、この幻想的な様子を眺めに来てみてください。

 

「十間橋」

  •  ◆墨田区業平5-13~文花1-1

カテゴリー: 現地レポート   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-