• -


#044 スカイツリータウンへは「バス」が便利 ~後編~

 

今回で44回目となる、東京スカイツリー現地レポート。

 

前回の当欄で「週末を中心に、押上駅を通る各鉄道がたいへんな混雑となっているため、快適にスカイツリータウンにアクセスするなら、さほど混雑していない路線も多いバスがおススメ」と記し、東京駅・羽田空港・ディズニーランド・上野駅や浅草から直通アクセスできる「スカイツリーシャトル」バスの4路線をご紹介しました。

 

今回はその他の路線バスをご紹介します。

 

 ☆新小岩駅東北広場~スカイツリータウン前~浅草雷門~浅草寿町
  (京成バス、京成タウンバス・新小59系統/新タワー線)
   ・乗車区間によって200~210円

 

 ☆亀有駅南口~堀切菖蒲園~隅田公園~森鴎外住居跡
   ~スカイツリータウン前~本所吾妻橋~浅草雷門~浅草寿町
  (京成タウンバス・有01系統/浅草線)
   ・乗車区間によって150~210円

 

スカイツリータウンのすぐ近辺を、今までにあまり見た事がないホワイトカラーのバスが走っているな…と何となくお感じの方もおられるかと思います。これが京成バス&京成タウンバス。5月28日(月)からスカイツリータウンエリアに乗り入れを開始しました。京成バスは「墨田区循環バス・すみまるくん」に続く当地区への進出となります。

 

特に「新小59系統」は、JR総武線の新小岩駅(東北広場)からスカイツリータウンまでを23分で直結するまったく新しい路線。仮に新小岩駅から押上(スカイツリー前)駅まで電車でアクセスすれば確実に210円よりは高くなりますし、乗換えも含めれば20分程度は確実にかかりますから、新小岩エリアの方はもちろんのこと、たとえば船橋・千葉方面からスカイツリータウンへアクセスされる方にとっても、この新小59系統は「使える路線」ではないでしょうか。新小岩駅(東北広場)からは、7時20分~20時25分までほぼ30分おきに運行。スカイツリータウン前からも同様にほぼ30分おきに運行され、新小岩駅行きの最終バスは21時02分発です。

 

なお、スカイツリータウン側のバス停の名前が他のバスと違って、スカイツリータウン「前」となっているのは、バス停留所がスカイツリータウンの敷地内には位置しておらず、浅草通り上に位置しているから。『ちょうどツリーの真下あたりの位置の浅草通り上』にある、墨田区循環バスすみまるくん南部ルート「春慶時前」と全く同じ場所に停留所が設置されています。ということで認知はまだまだコレからの、今のところはまだかなり「穴場」的なバスですので、混雑もまださほどではありません。オススメ度は一番です。

 

なお有01系統は、これまでのルートのうち「亀有駅南口から浅草寿町間」の間のルートを変更し、スカイツリータウンにも立ち寄る形としたものです。

 

次に都バスですが、こちらは数え切れないほどの路線がスカイツリータウンに乗り入れ。東京駅・(周辺)・浅草駅(周辺)・・亀戸駅・錦糸町駅・両国駅・豊洲駅などから、直接スカイツリータウン(とうきょうスカイツリー駅・押上駅・押上など)にアクセスする便が多数運行されています。

 

どの路線も乗車距離に関わらず1回乗車200円の料金は魅力ですが、ただし古くから走り続けている生活密着型の路線も多いですので、これまで紹介してきたバスと比べて、混雑している路線が多い印象。路線によっては「立ち」も覚悟となるでしょう。とはいえ、たとえば日暮里駅や豊洲駅からの便はスカイツリータウンまで25~33分で直行するように、明らかに電車利用より「おトクでラク」な路線もありますから、お出かけ前にバス路線図とにらめっこするのも一興です。

 

ぜひバスを上手にお使いになって、スカイツリータウンへ快適にアクセスして頂ければと思います。

 

「京成バス・京成タウンバス」

  •  ◆2路線で運行中

カテゴリー: 現地レポート   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-