• -


#030 吉良邸跡(本所松阪町公園)とスカイツリー

 

今回で30回目となる東京スカイツリー現地レポート。今回(2012年53日)は、吉良邸跡(本所松阪町公園)にやってきました。

 

1701年(元禄14年)12月14日。赤穂四十七士による討ち入りが決行された「忠臣蔵」の舞台が、当時この両国に約2,550坪の広大なお屋敷を構えていた「吉良上野介義央の屋敷」です。今はその大半部分に一般の住宅が立ち並び面影は残っていませんが、吉良邸の北側の一部、当時の約1/86の部分のみが史跡として残されています。それが、今回訪れた「吉良邸跡(本所松阪町公園)」です。

 

本所松阪町とはその当時の地名。9年に、地元町会の有志の方が歴史の証を後生に伝えるべく、邸宅跡の一部を購入して東京市に寄贈、のちに墨田区に移管されて現在も「本所松坂町公園」として残されているものです。

 

「公園」とはいっても、普通の公園とは違います。約30坪ほどの小さな敷地の中に様々な展示物があり、ちょっとした忠臣蔵の青空資料館といった趣き。忠臣蔵を描いた絵や義士関係の記録、絵画の銅板展示、そして吉良上野介を祀った稲荷神社もこの敷地内にあります。

 

さらに思わずゾクッとしてしまうのが、吉良の首を洗ったと伝えられている「首洗いの井戸」。まさにこの場所で上野介の首が洗われた…歴史の凄みを体感できる場所といえるかもしれません。

 

毎年12月14日の「討ち入りの日」には、地元義士会による「義士祭」「吉良祭」が執り行われています。スカイツリーからは墨田区循環バス(南部ルート)で直接アクセス可能。「歴史の大舞台」の当時を忍ぶことができる貴重な場所へ、ぜひツリー見物の行き帰りに立ち寄ってみて下さい。

 

「吉良邸跡(本所松阪町公園)」

  •  ◆墨田区両国3-13-9
  •  ◆JR総武線両国駅から徒歩7分
  •  ◆墨田区循環バス(南部ルート)
        「勝海舟生誕之地・吉良邸跡入口」バス停すぐ
  •  ◆入園自由

カテゴリー: 現地レポート   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-