• -


#008 撮影広場とスカイツリー


 
今回で8回目となる東京スカイツリー現地レポート。今日(2012年2月13日)は、前回に引き続き押上駅へ。

 

今回は、前回#007レポートの最後で触れた「電車の姿とツリーを一緒に写真に収めたい!とお思いの方向けの、絶好の撮影スポット」に来てみました。

 

その場所は、東武伊勢崎線の業平橋駅から曳舟方面へ向かって約400mほどの場所にある踏切。正式名称は「伊 第2号踏切道」です(伊=伊勢崎線の伊)。

 

押上駅からこの踏切を目指す場合は、B3出口を地上へ出た後に京成橋・ツリー方向とは逆の方向へ少し歩くと、浅草駅から業平橋駅を経て地上を走ってきた東武伊勢崎線の線路とこの「伊 第2号踏切道」が、すぐに見えてきます。

 

この踏切が、ツリーと東武鉄道の列車の姿を一緒に収められる絶好の撮影スポット。とはいっても、特に歩行者の通行も多い土曜・日曜は、たとえ歩道でも立ち止まって撮影するのは危険ですし、通行する歩行者の妨げにもなりがちです。踏切付近での撮影は御遠慮下さい、との東武鉄道からの警告看板も掲出されています。

 

そこで、ここでの撮影にぜひオススメしたいのが、踏切のすぐソバに作られた「スカイツリー撮影広場」。この撮影広場には「階段を10段ほど昇るつくりの、周囲より少し高い撮影用のお立ち台」が設けられているのです。

 

このお立ち台に登れば、ここから電車&ツリーの両方の姿を一枚の写真に収めることもできますし、お立ち台の上でツリーをバックにポーズをとって、下から見上げるように撮影してもらうこともできます。土曜・日曜でも意外と混雑していませんので、ツリー+自分の姿(+電車)をキレイに撮影できる「意外な穴場」。お子さま連れの方でも安心・安全です。

 

また、この踏切の「撮影広場の逆側」には東武鉄道の車庫があり、常時2編成程度の列車が留置されています。車庫に止まったままの
列車の先頭部が踏切のすぐソバに迫るように止まっていますので、列車+ツリーの迫力ある写真を1枚の写真に収めることが難なく可能。時間帯によっては特急スペーシアも停まっています。

 

なお、スカイツリーのライティングカラー「粋」「雅」に合わせて特急スペーシア号も、車体が「粋」「雅」カラーに塗り直された
リニューアル車が運行を開始しました。このリニューアル車がこの踏切を通過する回数は、1日で10数回ほど。運行時刻は日によって異なりますが、東武鉄道のホームページ上で紹介されています。毎日、この「新色のスペーシア」が通過する時間にはカメラを持ったファンの方の姿が見られます。

 

実はこの踏切、墨田区の調査によると朝ラッシュ時のピークで、最長で約30分も遮断機が下りたままの「開かずの踏切」。このため地元からは長年の間、高架化を求める声が上がっていました。将来の高架化は決まりましたが、数年のうちに完成するわけではなく、今年5月のツリー開業後はラッシュ時以外でも「ツリーが開業したら(踏切を中心とした)交通渋滞は果たしてどうなるか」との不安の声も上がっています。ということで、ツリー開業後も車で見物に来られるのは極力避けて頂きたい、ぜひツリーへは公共交通機関で…!というのが地元からのお願いです。

 

 伊 第2号踏切道>

  • 墨田区押上1丁目
  • 押上駅から徒歩2分、業平橋駅から徒歩7分

カテゴリー: 現地レポート   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-