• -

[東京スカイツリーの歩き方]春夏秋冬季節別


 
現代のテクノロジーの粋を集めた東京スカイツリーのまわりには、それとは対照的な花や樹木たっぷりの空間がいくつもあります。四季折々の自然を味わう行楽と上手に組み合わせることで、スカイツリー訪問はより楽しさがアップします。

 
 

[春]
 
スカイツリーの西側を流れる隅田川は、桜の名所でもあります。スカイツリーから歩いて行ける隅田公園も、その1つ。桜の時期は花見客であふれます。少し足を延ばして、東武伊勢崎線業平橋駅から2つ目の東向島駅からほど近い墨堤通りもやはり桜の名所。東向島駅から徒歩8分の「向島百花園」(03-3611-8705)なら、桜以外にも春の花々がたくさん楽しめます。
 
[コース](東武伊勢崎線)業平橋→(乗車5分)東向島

 
 

[夏]
 
スカイツリーは、夏より一足先にオープン。そして、夏がくれば、子どもたちは長い夏休み。となれば、ここは“水”をテーマにした1日を組み立ててみましょう。まずは、スカイツリータウンの西ゾーンの5・6階にできる「墨田水族館(仮称)」。ここを外してはいけません。そして、スカイツリータウンを出たら、「」へ。この2つをたっぷり見学すれば、子どもたちはもう海の博士です。
 
[コース](東武伊勢崎線)業平橋→(乗車3分)浅草(東京メトロ銀座線)→(乗車12分)(東京メトロ東西線)→(乗車15分)葛西

 
 

[秋]
 
天高く馬肥ゆる秋。秋は、なんといっても食欲の季節です。まずは、スカイツリーからの展望を楽しみ、スカイツリータウンでプラネタリウム鑑賞。大空の魅力をたっぷり味わったあとは、思い切って月島へというのはいかがでしょう。そう、もんじゃ焼きです。近くの町ではなかなか味わえないダイナミックなもんじゃが、大人も子どもも楽しめますよ。
 
[コース](東武伊勢崎線)業平橋→(乗車22分)(都営大江戸線)→(乗車4分)

 
 

[冬]
 
いくら東京とはいっても、冬ともなれば水辺はやはり寒々とします。そこで、冬のスカイツリー見学プランの決め手となるのが、室内にある施設。ここでは、大人も子どもも楽しめる施設がたくさんある上野公園をお勧めします。まずは、冬の寒さなんかへっちゃらな子どもたちが喜ぶ上野動物園をひと歩き。そして、東京国立博物館、国立科学博物館、国立西洋美術館、上野の森美術館……見どころはいっぱいです。
 
[コース](東武伊勢崎線)業平橋→(乗車3分)浅草(東京メトロ銀座線)→(乗車5分)上野

カテゴリー: 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-