• -

[東京スカイツリーの歩き方]子ども連れのファミリー向け


 
東京スカイツリーは電波塔だけの施設ではありません。巨大なタワーをとりまく東京スカイツリータウンには、エンタメやショッピングの施設もさまざまに用意。水族館など、お子様対策も万全です。
でも、それが楽しめるのは、あくまでもオープン以後。それまでは、墨田区や台東区などにある観光ポイントと上手に組み合わせる歩き方がお勧めです。

 

小学校以下の男の子がある家族なら、何と言っても“鉄道の物知り博士になる施設”東武博物館との組み合わせがベストでしょう。ところは、スカイツリーのある業平橋駅から東武伊勢崎線で2つ目の東向島駅の近く。小さなお子様が一緒でも、無理なく楽しめます。

 

女のお子さんだけのご家族なら、ここはやはり浅草ですね。浅草の仲見世には、人形や千代紙などの伝統工芸品など、女の子のハートをつかむお店がたくさんあります。1つ1つ見ながら歩くだけで、半日はあっという間に過ぎていくでしょう。

 

うちは女の子だけじゃない、男の子もいるぞというご家族なら、同じ浅草にはレトロな遊園地「花やしき」があります。ローラーコースターも子ども向き。

 

なお、地下鉄浅草駅は地上へ出るのが少し不便ですが、浅草の町の中は道路も平坦。お子様がまだ小さい場合は、ベビーカーでの散策をお勧めします。普段マイカーが多いという方は、電車移動でベビーカーを持ち歩くのは、負担に感じるかもしれません。でも、実際に歩いてみると、その便利さがわかるはずです。

 

[移動コース]
 
●東武博物館へ

業平橋(東武伊勢崎線)→(乗車6分)東向島(駅の隣が博物館)

 

●浅草仲見世へ

業平橋(東武伊勢崎線)→(乗車3分)

カテゴリー: 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-