• -

[下町散策]矢切の渡しからスカイツリーが見える!


 
東京スカイツリーのある業平橋から東武伊勢崎線、、京成金町線を乗り継いで約20分の柴又。スカイツリー見学のあとにこの“寅さんの町”にまわる方も多いでしょう。そんな方々に忘れずに訪ねていただきたいのが、“矢切の渡し”です。

 

東京の下町は、隅田川、、江戸川の3つの大河川で区切られた地域ですが、その東の端が柴又。そのすぐ東、千葉県との境には、江戸川が流れています。そして、この地でかつては東京と千葉を江戸川越えで結ぶ唯一の手段だったのが、矢切の渡しから出る渡し船でした。

 

そんな渡し船が、いまは交通手段ではなく観光の乗り物として楽しめます。船はもちろん船頭さんの手こぎ。乗船時間はわずか5分ですが、水面をゆっくり進む船は風情たっぷりです。この船の音は「日本の音100選」にも選ばれました。

 

ところで、矢切の渡しのある岸辺に立つと、そこから東京スカイツリーがしっかり遠望できます。しかも、ずっと小さくなりますが、スカイツリーの左手には東京タワーも見えます。そのため、最近は、カメラマニアの撮影スポットとしても人気を呼んでいます。

 

東京スカイツリーの正式オープン後は、矢切の渡しからスカイツリーの夜景を楽しむのもいいアイデア。そして、せっかく川辺まで来たのですから、夜は川魚料理というのはいかがでしょう。葛飾区柴又7丁目の「川甚」(03-3657-5151)は、夏目漱石などの文人にも愛された名店。鰻重や鯉こくなど7品の月コース(5,775円)がお勧めです。

カテゴリー: 下町散策   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-