• -

[下町散策]浅草で下町の味を堪能


 
昼間はスカイツリーとスカイツリータウン、夕方からは浅草。東京スカイツリーが正式オープンしたら、そんな1日の楽しみ方をする人も多くなることでしょう。そこで、浅草の「食」を案内。

 

江戸の昔から栄えてきた町だけに、名店・老舗がたくさんあります。まずは、文久元年創業、仲見世のすぐ近くの「うなぎ色川」(03-3844-1187)。老舗となると値段の張るお店がどうしても多くなりますが、ここは鰻重2,200円とリーズナブルです。

 

ふぐとすっぽん料理なら、浅草5丁目の「」(03-3875-1779)。ふぐコースがお勧めですが、一番安い「梅コース」で7,350円なので、今日は贅沢をという特別な日に。

 

ここも安くはありませんが、寿司なら浅草2丁目、食べるときに醤油を使わない本当の江戸前寿司が味わえる「弁天山美家古寿司」(03-3844-0034)。コースは、2,940円の「梅」(握り7)からあります。

 

大正15年創業の浅草1丁目「」(03-3842-1511)も名店。五目釜めしが1,050円という下町値段なのも嬉しいところです。

 

洋食なら、永井荷風が通った名店、浅草1丁目「」(03-3843-4932)。ビーフシチュー(2,310円)がこのお店の人気ナンバー1ですが、メニューは豊富です。

 

以上は家族連れ向きのお店ですが、大人だけのグループなら浅草寺西側の通称「煮込み通り(ホッピー通り)」はいかがでしょう。牛すじやモツ煮込みを扱うお店が軒を連ね、道路にはみでたテーブルと丸イスで老若男女が賑やかに飲み、食べる雰囲気は、まさに下町のエッセンスです。

カテゴリー: 観光   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-