• -

[下町散策]月島を代表する佃煮御三家


 
普通に下町と呼ぶ下町からは少し遠く、それなのに下町らしさが濃厚に遺っている町、。東京スカイツリーを中心とする下町ツアーでは、欠かせない地域です。

 

その月島といえば、。月島の東寄りにある佃地区から生まれたこのお総菜は、東京下町を代表する味の1つでもあります。

 

佃煮の発祥は、江戸時代初期にさかのぼります。徳川家康が遠く西の摂津国(大阪府)佃村から漁民を呼び寄せ、東京湾に面したこの地に住まわせました。彼ら漁民が近海でとれる小魚を醤油で煮付け、独特の料理にし、故郷の村の名をつけたのが、佃煮です。そう、佃煮は、江戸と大坂の出会いから生まれた食品なのです。

 

以来300年以上。現在もオリジナル佃煮の味を受け継ぐ店があり、そのうち3店が特に“”と呼ばれて、熱い支持を受けています。次の3つです。
8年(1837)創業の超老舗。03-3531-3457
つくだに丸久:安政6年(1859)創業。03-3531-4823
佃源田中屋:江戸時代後期の創業。03-3531-2649

 

一口に佃煮といっても、この老舗3軒の味は全く違います。濃厚な味の天安、辛めの丸久、甘辛の田中屋。どれがいいかなんて基準はありません。要はお好み次第。はじめて訪ねたら、この3つ店の品を全部お土産に買って、試してみましょう。

カテゴリー: 下町散策   タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,   この投稿のパーマリンク
- float clear -
スカイツリー観光オンラインガイドブック
関連ツアー特集
関連グッズ特集
関連書籍特集
パワースポット

東京スカイツリー観光を100倍楽しむサイト

-